今日は懇談会 と TVでみたお墓ネタから発展する妄想ストレス

今日は年少の最後の懇談会。
特にイヤなこともなかったけど、なんか気をつかって疲れたし、かたいイスに2時間ぐらいじっと座ってたことでもつかれたし、先生も保護者もお互い大号泣シーンでも泣けなかった自分にも疲れたし。
そんなわけで、今日も深酒してます。

なんで、自分がコメントしてる最中にいきなり泣き出せるのか?ママたち。
きっと、そんなママたちは事前に話すことをちゃんと考えてきてたんだろうな。

私も「前の日からコメント考えておけばいいものを。」といつも後悔しながらも結局、
懇談会はじまって何人かのママのコメント聞きながらパクれるとこパクって、でも自分なりにアレンジして・・・って数分の間にまとめるだけ超高速で頭の中でまとめる。
でも、それを、もらさず、カマず、きっちり伝え、しゃべり口調でも興味をひき、いかに上手に話せるか 
が私の次なる課題。
それにしか気がまわっていないため、かえってグダグダ。
しっかり構想してた順番めちゃくちゃ。
あせって、早口になり、さらに東北弁になる。川崎育ちをウリにしてる私がなんたることか!!!
シメを言おうとした瞬間、肝心の言葉を急に思い出してとってつける。
加齢もあるんだろうな。メモしてなきゃ、ポイントもぬけたり順番ぬけたり。若かりし頃はなかったよ、こんな盲点。
っつか、私は子供の頃から人前で話すが苦手でいまだに克服できてない というのが正直なとこだけど。

あ~も~サイアク
とか思ってるうちになんとなく〆方向にもっていってごまかし、結局泣く暇ないし。

さて、先生も先生で、重要事項を伝えてくれたあとは、もうボロボロすぎてマイタオルびちゃびちゃ。
こんだけ、誠心誠意、子供たちを愛してくれていたからこその涙に感動し、
また子供たちも先生大好きな様子(純粋な子供の場合、言葉と目で本心がわかる)
を見たり、
そんな姿を見れば、私だってうるうるっってきたりもしたけど、やっぱり他のママのようにしゃくりあげて泣く体力もなく、無難にすごしてきたけど。

家に帰ってからも自問自答。
泣くべきとこで泣けない私には、あるトラウマがあるのは気づいている。
でも、ここで書くと長くなるので今回は控えるけど。

で、このハナシはここでおしまい。

\\\\\\\\\\\\\\\\\

で、次なるハナシは全然違うこと。

そーこーいろいろ考えて深酒してるうちにTVは、お墓問題になっていた。
横浜はお墓を求める人が多い。
とかなんとか、
その一方、どこそこの墓地では無縁仏になってしまってる墓もけっこうあるとかなんとか。
結局、地元にはちゃんとしたお墓あるけど、結局上京したりなんだりの都合でお墓の面倒みれず無縁仏だなんだ。長男でないため、帰れるとこもないのでこっちで新たに墓探しだなんだ とか。

なるほどなー。

父も最後まで大分の地に眠りたがって、父の家代々の墓の住職にまで頼み込んでいたというハナシをきいた。戦死したS兄と同じ墓にはいりたいだなんだ。恐ろしいことに今でも父の部屋にはS兄(写真でしか見たことない私の叔父)の写真がかざってあるし。

でも・・・。
大分に父の骨をうめても、この先何度お参りにいけるかわからないし、父のような末っ子が代々の墓にはいることによって争いがおきても申し訳ないし。
でも、父の意向もくんであげたいし、どーしたもんだろ?
分骨を勧める親戚もいるけど、私は、父の体を半分にきざんでしまう気がしてそれは気がすすみません。

と、住職に相談したことがある。

住職が言うには、魂は自由になってあちこち旅できるので今頃はきっと大分に遊びにいってるハズですよ。だから、骨は魂とは別の、単なる物体にすぎないから、分骨したって体が半分になるわけじゃないのでそんなこと気にしなくていいですよ。ただ、娘さんが供養しづらい遠い土地ともなるとまた考えなければならないけど。

みたいな内容で丁寧に答えてもらった記憶がある。

しかし、分骨のハナシももちかけた親戚も母の狂気におののいたらしく、「このハナシなかったことにしてね。ぐらちゃんの胸のうちにだけにとどめておいて」といわれ。
ズルッとな。
状態。

結局、子供は親の骨を拾えば、その行き先を気にするものだ。

私はそんなわけで父の墓を大分でなく、私の家の近くに建てた。
といってもイナカ道、車で15分ぐらいだからけっこう距離あるけど。
でも、気がむいたとき、ふらっとお参りにいける距離だ。
これでよかったと思っている。

さて、次、骨になるのは私の番か。

ダンナのほうもちゃんと歴代の墓がある。
これは東京都府中市で、与謝野晶子やいろんな著名人も眠る墓らしく、都営霊園で、ちょっとした自慢らしい。
確かに桜、見事だ。
私が将来、そこに入るのも楽しそう。
しかし、さっき書いた「父の眠る墓(いずれ母もはいるであろう)」とこも見捨てられない。あの老夫婦二人だけにしていいのだろうか?

一人っ子の私を溺愛してた両親にとって、私がよその墓に入ることを快く思うだろうか?

うーん・・・

法律的には、私はダンナの代々の墓にはいってもいいし、両親の墓にはいってもいいし、どっちに入ってもいいらしいけど。
多分、ユウナが将来、墓参りする際、「パパとママ、全然別々の墓で眠ってるからなー。移動距離もそこそこあるし、なんかめんどくさっ」って思うに違いない。
そして、「結局、パパとママ、やっぱり仮面夫婦だったんだ」と思わせるのも、多分将来のユウナの結婚に支障でるかもしれない。
と思えば、私は夫方の墓に入るべきなんだろうけど。

うーん・・・

そーいえば、酔いの頭で定かな記憶でないけど、坂本竜馬の妻、おりょうは、竜馬の愛人の子供まで育てさせられたとかなんとかで・・・。多分、私なら発狂して、特殊な病気を装い、「自分の子供以外の顔覚えられません」と言い張り、愛人の子供、育児放棄して刑罰に問われたか・・・
でた、妄想ワールド。
ま、それはさておき、おりょうは、現代女性ではありえないような苦労を強いられたとかなんとかで。
多分、おりょうはそれ以外にもいろんな苦労あったんだろうか、
死に際「夫、竜馬と同じ墓にだけは入りたくない」と言い残して死んでいったとかなんとか。
私はそんな苦労はないだけに、やはり、おりょうのように、「別々の墓」って主張する理由もないし。

と、墓の心配する前に熟年離婚したりして、行き先は、迷うことなくひとつに絞られる なんてな。

ま、それもさておき。
私の両親、夫婦二人だけでしんみり、墓のおさまってるの、やっぱりかわいそうだろか?

いずれにしても、ユウナは結局、ダンナ側の墓と、私側の墓と両方めんどうみなきゃいけない。
でも、もし、地方に嫁いでどちらの墓の面倒もみれなくなれば・・・
とかとか考えると、結局共倒れかい!行く末、無縁仏かい!

うーん・・・。
そーなりゃそーなったでいいや。
ズルッ

日本人はそーいったことに固執する習性があるように思える。
そりゃそーなんだけどさ。

私も一人っ子だけど、たくさんのいとこがいるため、いざというときは知恵を授けてくれたり、物理的な支えになってくれたり、なんとか生きてこれた。
でも、ユウナには、いとこが一人もいなければきょうだいもいない。
すべての問題を一人で自力で解決していかなければならない。
だから、今のうちから「精神的な強さと冷静な判断力」を身につけさせてやらねば・・・と思うものの、なんか難しくて今日もあとまわし~。
言葉にするのが苦手な私は、態度で示すほうがいいかもな。
しゃかりきに墓掃除しまくったり、お線香あげまくったり。
でいいや、もう。
死んだあとのこの世なんて、知らないもーん。

って、私はまだ寿命が何十年かあるハズで、本来なら、自分の入る墓や、ユウナが墓守する都合など、心配する段階じゃないのに、TVでそんなの見ちゃうとまたまた妄想ワールド、はいっちゃうんじゃん、もー!

人生、折り返し地点をすぎたら、楽しく生きなきゃいけないのだ!
[PR]
by gura_ss | 2009-03-12 01:07 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧