捨てるに捨てられないもの

またまたワケあって、急速に実家を片付けている日々。
今年早々、バイト、首になって凹んでいたけど、
どのみち自分から辞表ださなければならなかったな~、人生うまくできてるな~
と、ふと思った。

といっても、母は死んでないので、遺品整理 とまではいかないけど、
ちょっとそれに近いものがある。

で、川崎市では粗大ゴミ回収(65歳以上は部屋からすべて運び出してくれるサービス)があり、
「お願いする何日前に申し込めばいいですか?」のつもりで問い合わせたら急に見にきてくれることになり、片付けて体裁整える暇もなく、ひらきなおったら・・・
市の方も唖然。

なんじゃ?この量は?!

状態。
そう!まさにゴミ屋敷。

あまりの多さ&汚さに座り込んでしまった職員の方、

「これ奥さん一人で(整理)やってんの?」と、同情され、

帰り際
「怪我しないようにね」と言われ・・・。

きっと、TV局がゴミ屋敷取材やってれば、多分うちも取り上げられるだろうな。と思う。
20代の若い子のゴミ屋敷報道が流れれば「これ、ウソだろう、売名行為か?やらせか?」と思うが、
戦争で、モノのない時代に育った昭和一桁うまれの一人暮らしならマジありえる。
捨てられネーゼだ。

とかとか、思いながら、今日は自分がいた部屋に着手。
大型家具は何がなんでもひきとってもらわねばならないので、私が使っていたベッドの引き出しをあけてみた。

またなつかしグッズでなつかしみ、整理整頓、滞る。
んでもって、アルバムを発見。

はて?なんだろ?

ひらいてみると、ナント、元カレとのラブラブアルバムだった。
ゲッ!

さすがにチュウしてる写真とかそれ以上のヤバイ写真はないけど、ひろーいキャンプ場の芝生で二人寄り添って手をつないでる写真とか、夜はヨッパみんなで大宴会ながらも実は隣にいてみつめあって笑ってる写真だったり、とか。
しかもツーショットの写真にはご丁寧にハートのシールがちりばめてある。

私はそんな几帳面じゃないので自分の写真をアルバムにはることもなければ、ましてハートのシールでデコレーションなんかしない。
そう!そのカレはとても几帳面でそーゆーのが苦じゃなくて、私よりずっとセンスがある人だった。
だからこそ、捨てがたい。芸術としてきれいだ。しかもバカちょんじゃなくて一眼レフでの撮影。うーん・・・。
なんといっても、自分が今よりもずっと若くてきれいで、自由奔放そのまま で表情が明るい。
だからこそ、捨てがたい。
私にだって、こんな楽しい時代があったのね!
と。

今は・・・。
あまり楽しくない。
といえば、家族に失礼だけど、やはりそのときみたいな
自由奔放 が通用しないから腐りぎみなのは事実だ。

それは、私が悪いわけでもないけど、ダンナが悪いわけでも、ユウナが悪いわけでもない。
家族 を 築いた以上、当然のことだと思う。
また、いつか、気持ちにゆとりがでてくるときだってくる。

でも、そのアルバムの中の私は
「かかわりたくなければシカトぶっちぎり!会いたければ何日連続でも会う!」的
自由気ままの中で生きていた、
その写真の中の私はやっぱり楽しそうだ。

だからこそ、捨てがたい。 しつこいって。
というわけで、そのアルバムを捨てるのもしのびないけど、
かといって、我が家へ持ち帰ったら・・・。

基本的に、私はダンナを看取って、未亡人になってから はじける という人生設計もあるし、
この後、何か狂いが生じれば、熟年離婚もありえる という人生設計もあるし、
熟年離婚まで待たず、(私が一人でも食べていける何かを得れば?)中年離婚もありえる という人生設計もあるし、

でもでもでも、
万が一の不慮の事故により、私がいきなり死んだとしたら・・・。

遺品整理してるダンナが、見ず知らずの男と私のラブラブアルバムをみつけた日にゃ・・・。
どんな気持ちになるだろう?

「(相手の男はどうでもよくても)自分が若くて自由に生きてきれいでいた時代」が捨てがたくてとっておいたアルバム(要するにナルシスト?)」
という女なりの解釈

を思いつかないダンナは

「俺と結婚したくせに、なんで昔の男のアルバムをごしょうだいじにとっておいて、しかもこの自分たちの城にまで持ち込んでるんだ!この裏切り者め!」

と思うかもしれず、骨もひろってもらえないかもしれない。

あ~、また始まった、妄想劇場。

だからだから、どうしよう?!

そのアルバム・・・。

いや、待てよ。

もっと好きだった彼もいた。
そのカレともだいぶ写真を撮って、なんかアルバムにはさんだ記憶あるんだけど、あれどこいっただろか?

なんか、いろいろ考えたらめんどくさくなったら、とりあえず、
「捨てられないけど、我が家にもちこむほどでもない」写真は、
庭に穴掘ってうめとくわさ。
タイムカプセルになるのもよし、そのまま風化するのもよし。

でも、こうしてみつけるたんびに、ひとつずつ葬ったにしても。
たとえば、
もしも、現・ダンナと、中年離婚か熟年離婚かで添い遂げることができなかったとしたら、
あの結婚式の写真どうしよう?!
とかとかなるんだろうな~。
ドテッ!

戦争で焼け出されて「子供の頃の写真がない」という人がざらにいる
いわるゆる「(写真以外でもなんでも)モノがない時代」は、本当にかわいそうに思うけど、

100年の一度の不景気といえども
モノがありあまってる現時代も、
ある意味かわいそうかも~。

またまたヨッパッパでハッキリした理由説明できないけど、なんかそんな感じするぅ~。
[PR]
by gura_ss | 2009-04-22 01:44 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧