トイレのたたり

たたり
といってもホラーばなしではなく、どっちかというと「九死に一生」バナシに近いものがあるので心臓の弱い人でも安心して読めます。

おととい夜、1階のトイレの水、便器のほうは少し水が流れるものの、手あらうほうから水がでなくなった。
築9年目ともなると、ガタがくる。
同時期に建売で買ったご近所さんも「トイレ、水流れなくなって・・・なんかおもりみたいのが磨耗して部品交換でさー。1万ぐらいかかったよ」と既に2軒のお宅からきいていた。

なので、うちもついにきたなーと思ったが。
いつものとおり、ダンナは全く何もできず、「俺はできん、しらん」と。
かといって、1万円以上の予想外の出費をダンナからもらうのも難しい。
かといって日頃、もらってる食費を削るといっても・・・今でもギリギリだから1万なんて削れないしなー。

とりあえず、先にフィルターとか掃除してみて部品交換はそれから検討だなと思い、早速フィルター掃除にとりかかろうと、説明書を読むと。
「止栓は必ずとめること」と書いてあった。
が、何しろ、トイレの水とめる元栓(止栓)がかたい。
ドライバーまわす力はさすがに私よりダンナのほうが強いだろうと思って、頼んでも「俺にはできない」とあっさり、去る。
でも、日中、ダンナは会社のトイレを使えばいいけど、困るのは私とユウナだ。
仕方ないので、止栓でとめずにフィルター掃除にとりかかった。
どうせ、水流れないんだから、おおごとにはならないだろう とたかをくくっていた。
そんな私は大バカだった。
いざ、バルブを抜いた瞬間、大惨事がおきた。

勢いよく水が飛び出し、すごい勢いで顔面にかかる。もちろん全身ずぶぬれで床にもみるみるうちに水たまる。
人間、顔面にすごい水圧をあびて呼吸ができなくなるとかなりパニくる。
って、その場を離れればいいじゃん と思うけど、
ここで手を離したら、床下浸水する時間も早まり、ご近所も洪水にまきこんで、私とユウナも溺死。
そんな構図が浮かびあがりなんとかして、噴射とめようとバルブをねじこもうとした。
しかし、いくらバルブをもどそうとしても、水圧にまけてダメだ。
便器に片足つっこんで自分の支点を安定させ、全身の体重をかけてもダメだ。
このままじゃ、
「神奈川県川崎市に住むバカな母親、止栓をとじずトイレタンクのバルブをひきぬき、床下浸水させたのち、自分の子供を水死させた挙句、自分は溺死した。」とニュースのネタになる。

これは、助け呼ばないとダメだと判断。
でも、私は栓から手が離せないから

クロールの要領で、顔を上にあげて息継ぎしながら
「ユウナー!携帯もってきてぇ~!ユウナーユウナーッ!」とわめき続けること10分強。
しかし、ユウナが来る気配なし。

こんな、ただ事でない切迫した悲鳴、トイレの窓からご近所にまるぎこえなだけで、当のユウナには聞こえてないらしい。
エアコンきいたリビングだからドアしめてたし、TV見てたしな。
聞こえてなかったらしい。ガックリ。

そーいや、何日か前、昭和記念公園の花火見に行く途中、玉川上水駅からそれらしき川を通って、太宰治の入水心中風景を思い浮かべ、なんか「切なくて、でもステキだな~。」って
なにがステキなんだかわからないけど、うっとり玉川上水を見てたんだけど。
※でも、入水自殺は三鷹市がどーのこーのって書いてあるからこことは関係ないんだろか?
とか
※どっちにしろ私は太宰治の精神構造に興味あるだけで、ファンではないしなー。

とかとか、正確な場所はどうでもよくて入水自殺にまつわる風景がうっとり
ではあったが、
自分にいざ水死の危機がせまると別だ。
ステキでもなんでもない、苦しいだけじゃん!
死ぬときは水の中じゃなくて陸で死にたい。
と強く思った。

結局、これ以上、噴出すタンクと格闘しても勝ち目はなく、私の体力消耗するばかりだと気づく。
本当に死んでしまうかもしれない・・・。

もう止めることは無理だと悟った今、
「水が床にたまりきる時間を少しでも遅らせよう」作戦に変更。

で、中途半端にしかバルブはいらないけど、それでも渾身の力でねじこめるだけねじりこみ、さらに手洗いようのうけざらをフタとしてかぶせ、自分でリビングにいって携帯をとった。

まず最初に電話したのはご近所のSさん。
出てくれたら「助けて~」と叫ぶつもりだったけど、あいにくでない。

次に、TOTOの修理センターにかけた。
パニクリながら状況説明すると、「では、家全体の水の元栓しめられませんか?」と。
「家の元栓?どこにあるんですかぁ~!」とヒステリックに叫ぶ私。
そんなこときかれたオペレーターとしては
「おまえんちも知らないのに水の元栓の位置なんか知るか」と思うだろうに、
冷静に「戸建てですと、通常玄関わきとかにあるんですけど」と答えてくれた。
しかし、私はまたもや
「わかりませーん!」と叫ぶだけ。

その後、オペレーターも
「現場の者も昨日までに受けた修理等で出払っているので今すぐ伺うことはできませんが」なんとかかんとか言ってた気がするけど、
とりあえず、私は電話で手をふさいでるぐらいなら水の噴射をなんとかせねばとふと我にかえり、
「すみません、あとでまたかけます。」と一方的にきった。

その後、やはりバルブもさしこめず、私の力では水圧に勝てるハズもなく。
助けも呼べず・・・ご近所はSさんのほかもいっぱいいるけど、でも平日日中、厳しいものがある。
あとで気づいたけど、こんなとき、フツーはダンナに最初に電話するんだろうけど、全然思い浮かばなかった。
まず、(会社にいってて)近くにいないからすぐ来てもらえない&携帯をかけてもまず出ない。
っていうベースがあることはあるけど、
私の中ではダンナの存在、日に日にうすくなってるのがわかってしまった事件でもあった。

ま、ハナシは戻し、結局、自力でなんとかするしかなく、
まずはSさんやTOTOに電話をかけたとき同様、
中途半端にしかバルブはいらないけど、渾身の力でねじこめ、さらに手洗いようのうけざらをフタにした。
そして、水の元栓を探すために玄関を出た。
まず、目についた小さなマンホールチックなもの。
「お!これか!」と思ったがよく見たら「おすい(汚水)」って書いてあるし。そーいや、たまにこれあけて、高圧で水を流し込んで下水掃除してる(つもり)の穴じゃん!
やはり人間、パニくってると、通常普通に分かることが分からなくなる。

「いかんいかん、冷静になれよ~。これは現実じゃない。
単なるサバイバルゲームだ。ゲームならあなたは得意でしょ」と自分で自分に言い聞かせ、
こーゆーマンホールのフタちっくなものを見たのは他にどこ?!と自分で自分に問いかけると・・・。
私の腐りかけてる脳もたまには働くらしく、記憶をほりおこし、ふと映像が浮かんだ。
そうだ!これは・・・車庫の近くの水道んとこだ!!!
一目散にそこへ走り、フタをあけた。

そのバルブがなんなのか、確認してる余裕ないまま、とりあえず横にひねったら・・・。

今までトイレからすごい水の音がしていたのが止まった のが外からでも分かった。

急に気がぬけてその場でへなへな座り込みそうになったけど、よく考えたら全身ずぶぬれ。
まだ、でかける体制じゃなかったのでノーブラにしろいTシャツ、そして下も白い系短パン。
パンツもびちょびちょで・・・。
もしもナイスバディな人なら、下手にビキニ着てるよりもかなりそそるヤバイ姿。
しかし、私の場合は、単なる「公然わいせつなんとか」の罪になるだけなので、通報される前にそそくさと家にひっこんだ。

そして、
「これからどうしたらいいんだろう?
おおもとの水の栓とめたからおちついたけど、でもライフライン絶ったんだよな。
炊事はおろか、手洗うこともできないし、2階にある無事なトイレだって使えなくなるし。」
って、途方にくれてたらSさんより折り返し電話あり。
事情を説明するとSさんはすぐ来てくれて、ずっといろいろつきあってくれた。

どこそこに電話したり、見積もりだなんだ。
あちこち予約して一番早くきてくれた会社のとこに決定。
そして、そこは1時ちょいすぎに作業の人きてくれたけど、「バルブも中の部品も全部ボロボロに壊れているので交換」ちゅうハナシ。
そりゃそーだよな、私があんだけの水圧と戦って、多分、普段の私じゃありえないような火事場のバカぢからだっただろうに、そりゃ、バルブだって樹脂のタンクの管とかそりゃバキバキに壊れるよな~。
といっても、もともとおもりが磨耗してどっちにしろ換えなきゃいけなかったらしいので・・・。
触らずおとなしくしてたにしても、「交換」っていう時期は時期だったそうだ。

んで、なんだかんだ時間かかるもんでお昼もまたぎ、2時ごろ、ユウナがお腹すいた と騒ぎ出す。
その作業してくれる人は部品を買いに行ったまま1時間帰ってこないのでとりあえずユウナを飢えさせるわけにいかず、Sさんと私とユウナと3人で近所のコンビニに走った。
やはり、お弁当のほか、ビールを買い込むSさん&私。
こんなときは飲まなきゃやってらんねー というか
こんなときでも飲まずにいられない病気 というか。

そして、遅い昼ごはん(2時半ぐらい)&ビールちびちびやっていたら、やっと作業のお兄ちゃんが帰ってきて作業開始。
結局、4時ぐらいに全て終了。

ちなみにかたくてうごかなかった止栓、どうやら癒着しちゃってるみたいでプロのそのおにいちゃんでも「あ、こりゃダメだ」ってすぐ諦めて特殊な工具使おうとしたっぽい。
が、強引にねじあけたら水漏れの可能性あるとも説明されたので、二次被害が起きてさらにお金かからないよう、
「じゃ、今日は止栓はそのままで家全体の元栓とめたまま作業することできるならそれでお願いします」ということにしたけど。

とりあえず、ほっとして結局、Sさんと私の宴会になり夕方解散。

Sさんと別れたあとも一人で飲み続けたが・・・

水難事故が怖かった反動 と
そんな非常時にSさんにきてもらって安心したこと と
いろんな感情が交差して、ついついいつも以上に飲んだのにあまりヨッパにならなかった昨日。

そしていろいろ考えた。

玉川上水をうっとり見ていた私の年齢と、太宰治が死んだ年齢が同じだから、呼ばれかかったのか・・・。
それか、私には松子おばさん(母の姉)という人がいたらしいけど、わずか9歳で川に流されて亡くなったらしい。もし、今生きていれば80歳は過ぎてるハズなんで当然、私は会ったことはないけど・・・もしかして昨日、松子おばさんの命日だった?なんか訴えてる?
ちょっと親戚に命日とかいろいろ聞こうと思いながら怖くてきけない。
から、聞くのや~めた。

そーいや、昨日夜から私の手の薬指・小指の動きが鈍いし、変な痛みがあると思って、腕をみたら、もうひじから手首にかけて、あざだらけあちこち腫れて悲惨だ。
これは、多分、トイレタンクで水圧とのムダな戦いの、「名誉の勲章?!」としか思えないけど。

さっきダンナと大喧嘩したので、近所で腕を見せまくり「DVを受けてます」ってふれまわってやろうか と思った。
確かにDVでも全然信じてもらえるような位置だし、腫れ具合。

このトイレの事件が発端だけど、結局、
お金のこと
で、喧嘩勃発。

定額給付金をとりあげられてる上に、昨日の修理代¥16000も私が払えと言われ・・・。
私が働いていて&修理発生が完全に私の落ち度なら、私が負担するのもアリだけど。
私は働いていない&どっちにしろ寿命で修理発生にはかわりない んだから、生活費を負担するダンナが負担するんじゃないの?だったら、私も家事全部は負担しないよ! 理論をもとに攻撃するも、
ダンナからは屁理屈で返される。屁理屈を言える人間も多分頭いいんだろうな~とかとか思いながら、
結局、私は
「そんなに人から搾取しなきゃすまないほどお金が大事なら、帰省とかムダなことに金つかうな!
少なくとも私はあんたの親孝行に協力しない。
今年の帰省(栃木)は私はいかない」だなんだ口走っていた。

多分、ダンナも私のこと殺したいぐらい憎らしかっただろうけど、
これは、お互いさま。
二人のはらわたにえくりまくりで我が家の気温、少しあがってると思う。

ま、それもいいや、どうでも。

で、なんでタイトルが「トイレのたたり」かというと、床下浸水した水を窓掃除用のワイパーみたいので、かいて玄関に流してたら、わんさかわんさか、わたぼこりが流れていく。
そう、便器の奥というかタンク下というか、とにかく手が届かなくてついつい雑巾がけさぼってたんだよな。
そっちのほうまでがんばって掃除してあげてたらトイレも「奥まできちんと掃除してくれよ!」と怒らず、こんな謀反おこさなかったのかもしれない。
これからは、なんとか工夫してちゃんと奥まできれいにしてあげよう。

ちなみに昨日作業にきてくれたお兄ちゃんいわく「水圧はとにかくすごいので人間の力でおさえられるものではありません」と笑ってた。
水は戯れるときは楽しいけど、圧がかかると恐怖です、ハイ。
知識がないことも恐怖です、ハイ。
[PR]
by gura_ss | 2009-07-30 02:26 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧