旅記録.vol2

相変わらず、飲んでるが、なぜ最近、腹がでてきたか、気づいた。
ツマミがあるからだ。
今まではツマミなしで飲んでたから、大した運動せずともGパンはきつくなかった。
がしかし!
九州みやげがまだたくさんあるのだ。

それに輪をかけて
旅行続きで、家事・炊事を怠り、箱根ではたいそうなご馳走。
キャンプではテキトーに網で焼いて飲んで食べ。
九州でも、(親戚が出してくれたもの)残したら失礼だ精神からいつもの私ではありえないぐらい、食べた。

九州から帰ってきたとき、ダンナ、私を見るなり「家、間違えたかと思った。どこのデブかと思ったよ」と。第一声。
もう、私たちは、互いに興味なく、「オワッテル夫婦」だと思っていたけど、相手の変化に気づくとはおぬしもやるなぁ~。と妙に感心。
確かに私は九州に行ったたったの4泊で見事に3キロ太ったさ。
すばらしい!3キロ増をみぬけるなんて。

とかとか思いながら、たんまりもらった九州みやげの1つ。
国東珍味という、いわゆるさけのつまみ。
あさりの身をひとまわり大きくしたような貝そのものが乾燥してあり、いい味付けがしてる。

そして、裏をみれば
「原料名:バカ貝、保存料(ソルビン酸カリウム)、甘味料・・・・」と続く。

ばっばっバカ貝?!?!

これ、食べたらバカになるってこと?!?!

でもな~「死貝」って言葉は聞いたことない。
でも、食べたら死ぬ貝ってたくさんあるよな。

ってことは・・・
バカ貝は食べてもバカになるとはいってないな。

寅さんふうに言えば
「よっ!タコ社長!相変わらずバカかい?」みたいなノリかもしらん。

それに、もし「ボケ貝」と書いてあれば、異様に震え上がったかもしれないけど。
ボケの恐ろしさを身近に何例も見てきただけに。
「バカ貝」と「ボケ貝」の二者択一ならバカ貝を選ぶな~。

って、これら貝は実はバカじゃないだろうに、人間が勝手にに命名した、バカ貝って・・・貝にあやまれ~。

と、今日も一人、酒とつまみをみつめながら妄想炸裂です。
ちなみに「バカ貝」は本当に書いてあり、決して妄想じゃないっす。
写真とろうにも、手元がふるえて撮れんので今宵も文章だけで信じてちょんまげ。

さて、旅日記続き
9/14(月)
またまた親戚の家に寄り、民宿ができるんじゃないかというぐらいのすごい広い家。
屋根もかわらだし、なんかちょいとした城みたいじゃん!
テンションあがったユウナ、走り回って段差でこけて足の爪をはがしかける。
あらら~。
午後からハーモニーランド。
爪をはがして、テンションさがったにもかかわらず、見ればいきなりテンションアップ。
ピューロランドの姉妹ランドってな感じで。
アトラクション、かぶるものも多々あり。
それは事前にチェック済みなのでとばす。
ピューロランドになくてハーモニーランドにあるものがたくさんあったのでそこをメインに。
たとえば。
観覧車。
早速、乗り込んだが、牛が見える。

えええええ!
ドリームランドである、ハーモニーランド・・・近くで放牧かい!
おもしろかった。

などなど、閉園終了ギリギリまで遊ぶ。

その後、親戚が夕飯を誘ってくれたけど、いずれも犬を飼ってるお宅ばかり。
ユウナの犬嫌いは有名になったが、イナカで犬も猫も飼ってない親戚もほとんどいなく。

「ごめんなさい。ぜひぜひ○○おばさんとこのご飯食べたいんですけど、ユウナ、犬がダメだから・・・。で、ワンちゃんとじこめたりつないだりしてストレスかけるの申し訳ないので、今日は私たち駅に出てそのへんの店で食べます。(実はぐるなびでクーポン券も印刷しちゃったしぃ~)」と、丁重にお断りして、別府駅の居酒屋へくりだす。
私たちは普通に2キロは歩けるので、別府駅まで歩こうと試みたが、標識みたら別府駅まで4キロって書いてある。ずるっとな。
イナカのバスの「2~3駅はこっちと大違い」と改めて実感。
結局、別府湾沿いのなんとかって停留所まで歩いたのち、バスにのるというかなり中途半端な技をし、7時近くに別府駅近くの目当ての居酒屋へ到着。
その居酒屋にあるいけすにくいつく、ユウナと私。
バカまるだし?!

そして、私は魚系、つまみに舌鼓。

ま、大人一人だからあまりたくさんの種類も頼めなかったけど(食べきれないともったいないから)
それなりに充実。
ユウナにも「きのこぞうすい」頼んだけど、日頃、食の細い子にしてはよく食べたと思う。

そのまま別府タワーに登ってのんびり9時ごろ、かえる。

これ、親戚ん家に泊めてもらってたら・・・こんな自由気ままなことできなかったな~。
「あんた、5歳の子連れて何しちょるん!!!」と怒られるだろうさ。
もっとも、川崎で暮らしてる今、たしかに9時前後にユウナをつれ歩かないな。
旅に出たとき限定の「プチ夜遊び」

9/15(火)
湯布院目当て
○志高
  →こいにエサをやり、その後、はくちょうに乗ってひたすらこぐ。かなりいい運動だ。ふつうに白鳥だとの鳥系がはくちょうの乗り物に寄ってくるからおもしろかった。
○由布岳
  →なぜか、「阿蘇国立公園」という看板が目にはいり、「熊本、近いんですか?」とバカな質問をしてあきれられる。あの緑の看板はなんだったんだろ?
それはさておき、由布岳の見晴らしはよかった~。
湯布院も車でざーっととおりすがったけど、多分一軒ずつ見たらかなりおもしろいと思う。
原宿をもうちょっと高齢化したような感じだろうか?巣鴨までいかないけど。

○昼
  →だんご汁。
 大根・にんじんなどの野菜にほうとうみたいな小麦粉原料のもの、味噌ベース。
 関東でいえば、豚汁の、豚肉なしでそのかわりほうとうってな感じ。
 ついてくる薬味は「七味」が定番だと思ってたのに、いきなり「ゆずこしょう」かい!
 でも、結局、お店の人に「七味ください」と頼めばすんなりもらえることも判明。

○九重
  →日本一、長くて高い橋 らしい。
わたってみた。

夕方。
本当は泊めてもらうハズだった家、やはり犬を飼っていたため、急遽、旅館をとってくれた。
部屋に露天風呂つきーの。
夕飯は部屋だしーの。
おおお!

その家に泊まれないのはうちの都合なのに、その親戚の家でお金出してくれるってことなんで、(親世代の年齢だし)あまえることにした。
ユウナも大満足で・・・。
温泉に2時間もはいるし。
お湯を舐めまくって、フロによって味が違うとか騒ぎながら味くらべするバカ母娘(こっちはしょっぱいけど、こっちは味がない)などなど。
そんなバカ母娘の会話をきいていたおばちゃん4人組の旅行者。
同じようにお湯、舐め大会をやっていた。
「こっちはからいけど、こっちはからくない」と。

関東の人間なら「しょっぱい・しょっぱくない」と言う(と思うが)
その人たちは「からい・からくない」と言っていたから、関東仲間じゃないな・・・と判断。
やはり彼女たちも私たちがよそ者だとすぐわかったらしい。
でも、ユウナが、その人たちの孫と同じぐらいだったみたく、だいぶ仲良くなった。

まず、あいさつがわりの第一声。
「どこから来たの?」と聞かれた。
「神奈川です」って答えてるのに、
「四国からきたんだぁ~?」と返事される。
香川じゃねーよ!
それで、こちらは結局、どこから来たのか聞く気もなくなり。
へらへら笑いながら手をひらひらする。
ま、そんなもんだ。

そのおばちゃんたちとは、実は部屋が隣だったし、翌日のチェックアウトでも遭遇するわ。
なんかしらの縁があったんだろか?

9/16(水)
いよいよ、大分最後の日。
午後の便で帰るので、その高級旅館から再びボケおばちゃんの家に移動。
早めの昼ご飯をご馳走になる。
そして、ボケてないけど、足腰弱ってきた100歳近いおじ
そして、ボケまくってるけど、足腰元気な90歳すぎのおば(私と血のつながりあり)
が一緒に空港まで車に乗って送ってくれた。(というか、60代のいとこのはからいに感謝)
本当に本当に嬉しかった。
もう会えないだろうな・・・って心のどこかで覚悟してただけに、空港まで合計200歳近い老夫婦が・・・。
何か、ベラベラしゃべるわけでもなく。ただ同じ空間にいる。
そして、おばはユウナに「ここへおいで」とひざにのせて、一緒にクレヨンいじったり、風船さわったり・・・。
お互い、どこまで分かってるのか、私にははかりしれないが・・・
なんてことのない、あの空間。
私も将来、どんだけボケてもあの光景は多分、忘れない。
っつか、思い出すことができるような気がする。

そして、夕方、予定どおり、羽田着。
ヤレヤレ現実に戻ったか。

って、戻ってないじゃん!

やはり、イナカの親戚、カボスだのお菓子だのいりこだのしいたけだの栗だの・・・わんさかわんさ、おみやげもたしてくれた。
ので、行きより荷物増えてるし。
羽田から宅配みたいのもできるけど、仕分けしてないし。
なまものは当日中に持ちかえらなきゃいけないから。
どっちかってーと、洗濯物を送るべ。と思うも、キャリーバッグを羽田であける勇気もなく、
「もし私が、タコやイカだったら・・・もっと楽勝で荷物もてたのに・・・・」と、自分には腕が二本しかないことをうらみつつヨレヨレしてたら、ユウナが黙ってキャリーバックをひいてくれた。
あんな、小さな体で・・・というかキャリーバックと同じぐらいの大きさだってのに。
またまた、「ユウナがやってあげるぅ~」とか恩着せがましいことを一切言わず黙ってやってくれることに、「ママと性格が似てるからかわいい」と思ってしまった。
なんて、私の荷物の多さに関わらずユウナはただ単にキャリーバックをひいてみたかっただけ?!

九州の旅、記録。

以上

続いて、群馬のキャンプネタか~。
予告しとかないと次に書くネタも思い出せない・・・あぁ情けない。
[PR]
by gura_ss | 2009-09-30 00:23 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧