虫の知らせ

またまた、中途半端な深夜に起きてしまった。
年をとったのか、酒の飲み方間違えたのか。
明日、行動がかなりにぶくなるのはわかっているけど、眠れないのにイライラしながら布団で目がぱっちりってのも時間のムダなんで。

飲みなおしっつか、起きて自由時間を満喫ターイム。

だいぶヨッパなんで小説読むにはもったいなすぎる。
小説はおもしろいからクリアな頭で読むに限る。
でも、日中、あまり時間もとれないから、本は放置ぎみ。

で、とりあえず、TVスイッチオン!
花より男子の韓国版やってるじゃん!
ふつーに放送するぐらいならわざわざDVD借りなきゃよかったなぁ~、だいぶ前のハナシだけど。
と思ってたら、見知らぬシーン多々。
韓国版のは、原作から設定がだいぶかけ離れてるせいか、あまり惹かれなかったけど、とりあえず
と見てたらなんかつくしが道明寺に会いにマカオへっていうハナシ。

マカオ?

多分、原作で言えばニューヨークへ道明寺に会いに行くあのシーンだろうな。
なんで、マカオ?
と思いながら、なんとなく見てたら、つくしが現地のスリ集団にからまれるシーン。
スリ集団、みんなアジア系の顔じゃん。

ってことは、マカオってアジア?
てっきり、ブラジルの近くかと思ってた。
多分・・・カカオ豆とか連想してたんであろう単純でかわいそうな、わたしの脳みそ。(泣)
しかも、ブラジルはカカオ豆じゃなくてコーヒーの豆だろ!ますますかわいそうな脳みそ。(泣)

んで、自分が覚えるために壁にはってある小学生用の地図でアジア近辺をくまなくさがしても「マカオ」って国ないし。10分探してもみつからず。
うーん、やっぱりシラフに戻ってから探そう。と決意。
でも、やっぱり気になるから、ネットに頼る。
中国のちょっと下(南)にあるとかなんとか書いてあるし。

なるほど!それで観光バスに漢字が書いてあったのかぁ~。
世界地図で探しても中国と同じ色で塗ってあるからみつからないわけだ。
マカオって国名じゃないんだ?
よく考えたら私は「(マカオのオカマ)は上から読んでも下から読んでも同じだ」以外何も知らなかった。

なるほど。今日もひとつ賢くなった。

さてさて、虫の知らせ。

母の大量の着物で途方にくれ、着ないもの着れないものは処分を考えて日々がんばっている日々。ど。
黒留袖も私が着るとしたらユウナの結婚式ぐらいだけど、ユウナがいつ結婚するかわからないし、ちゃんと披露宴やる時代じゃなくなってるかもしれないし、もし着るにしても洋服でいいし。
母の黒留を手放そうと思っていたら、いつも家にきてくれる呉服屋(もしかしたら悉皆屋と呼ぶのだろうか?)が「お嬢さんの結婚式だけじゃなくて、いとこさんでもご親族の結婚式で着れますから洗い張りだけでもしておいたらどうですか?」と。

いとこの結婚式で黒留袖?親族の結婚式で黒留?
んな、ヤツおれへんやろ~ちっちきちぃ~
とか思った先日のこと。

そして、昨日、ユウナが押入れの奥からまた古いアルバムひっぱりだしてきて散らかす。
散らかされて片付けるついでにふと見ると、父が親戚(主に甥っ子姪っ子)たちの結婚式で親族集合写真を集めたアルバムだった。
なにげなーく見ると。
見事に全員、黒留。
「あ、いとこでもほんとにみんな黒留着てるよ。洋服姿なんていないし、黒留以外といえば若いお嬢さんが振袖らしき着物着てるぐらい。」
悉皆屋さんはうそつきじゃなかった。(汗)

そーとなりゃ、私はみんなの帯から着方からなにからガン見するけど、残念ながら白黒だから色までよくわからん。
黒留のひざんとこの模様もみんなあるけど色がわからん。
しかし、ちょっと気になったのが、そんな30~40年前の写真の時点で90歳前後と思われるちんまりしたおばあちゃん二人(私の血筋なのか戸籍上の親族なのか誰なんだか不明)前列でちんまり座ってたけど、二人だけ膝んとこに模様がない。
もしかしてボケちゃって、喪服着ちゃったんだろうか?
でも、帯は白っぽいからそんなバカな!(何しろ白黒写真だから白か黒かぐらいしかわからん)
気になって仕方ないから、今度悉皆屋さんが来たら聞いてみよう。

で、この写真の主人公は?!
現在60~70ぐらいのいとこ、この前会ったときにぎやかにケラケラ笑ってたおじちゃんだ。
ということは、その親(私の叔母と、その配偶者の叔父)も当然写ってて
「若いのぉ~。叔父は昔からイケメンだったんだなぁ~。」とか見てたんだっけ。

すると、今日昼にその叔父が105歳で亡くなったとの訃報。
普段、思い出しもしないのに、急にアルバムみたりして、虫の知らせとはまさにこのことだ。

大分だから叔父のお別れにはいけないけど、あっちのいとこに、母と私の連名でいくらいくらお願いしますってお香典たてかえてのお願いしてほっと安心したけど。

ま、それをお願いするにしてもいろいろあり。
額があまりにもいとこたちと違うと困るので関東のいとこ(といってもやはり65歳以上だから友達感覚ではなくどっちかってーとおじさんとして一目おくような位置づけ)にもいくらしにした?調査に電話をしたところ、

「(その訃報)誰から聞いたの?」と第一声。

なんか私が知ってちゃ悪いみたいじゃん!
同じいとこって立場なのに・・・。

「俺は兄貴に任せてるからわからない」と、結局額は答えてもらえず。

しかも自分の系列(兄貴)んとこには誰が連絡したのか、逆に聞かれるし。
「なんか、○○おじさんが××ちゃんに連絡してどーのとかいろいろ言ってたけど、私もちゃんと聞いてなかったからよくわからない」って答えておいたけど。

その亡くなった叔父が何歳だったか死因はなんだったか病気患って苦しんでいたのか、普通に老衰で楽に逝ったのかとかしか私は興味がないので、どの系列の従兄弟に誰から連絡いったかなんてどうでもいいんだけどなぁ~。
だから、本当にそこはちゃんと聞いてなくてわからないのだ。

一方、連絡をくれた大分のいとこも
「ぐらちゃんとこは(お香典ださなくて)いいよ」とか言うし。
いいよ、とか、あんたが言う筋合いじゃないし。
「いやいや、父のときも○○(叔父のとこ)からいただいてるから、いいよってわけにいかないですから。現金書留で送りますので今日の告別式で一緒にたてかえてください。」
「うんわかった。でも、うちで出すから立替じゃなくていいよ。」と。
ぐら父家の長男の長男でぐら父家の看板は俺がしょってる的、アニキ風の厚意であり(特にイナカだから)、決してうちを貧乏人だと哀れんだわけじゃないとは思うけど。
「いやいや、それじゃうちの気持ちも伝わらないし、意味ないのでちゃんと送ります」と言うと、
「じゃ、わざわざ現金書留とかで送らなくていいから、今度会ったときでいいから。」と。
いつ会うんじゃ!大分と神奈川、遠いだろ!
と要するに遠まわしな断り?!
大人げないと思いつつも、そのいとこの息子が私と同い年なんで親みたいなもんだから少々の無礼承知で
「私が忘れるからそれもちょっと・・・とりあえず、私の気のすむようにしますんで(笑・お金送りますんで)、母と私の連名で○○万よろしくお願いします」とハナシをうちきった。

身内とはいえ、よそさまへの香典をおごってもらうなんて論外。
お金持ちなのは知ってるんで、またいつか九州にいったとき、おいしいご飯をご馳走してくれ、いとこよ。

人間、年をとってくると人の死に慣れてしまうのか、誰一人、叔父の思い出バナシをする人もいず。
連絡とった関東のいとこにも「うちは香典ださなくていいって○おじさんは言ってくれたけど、そーゆーわけにもいかないし、私だって(その亡くなった)叔父ちゃんにお世話になったし」って言ったら
「世話になってないだろ!」と。
「え、なってるよ。いついつ九州行ったときだってご飯ご馳走になってるし、縁側でのんびりお話もしたし、ピアノもおじさんはすごく上手でひいてきかせてくれたし。」
だんなんだ、思い出せる限り話すと
「へぇ~、何回か会ってるんだ?」
ずるっ!

ダメだ、こりゃ。

ビミョーないとこに聞くよりも私の父の葬儀のとき親戚たちがつつんでくれた香典一覧を見ればいいだけじゃん!
と気づく。
エクセルで表にしてたと思ってたファイルをひらいでもだいぶモレがあり、結局、本体(葬儀場で記帳してもらうなんとか帳)をひっぱりだす。
よかった、捨ててなくて。
しかも、実家の荷物きちんと片付けてなくてつぶしてる部屋に放置されてたのでひっぱりだすのも1分もかからず。→整理整頓下手もたまには役立つ。うん。

んで、見た結果。やっぱりそこの家からいただいたのと同じように親子連名で同じ額で。と。

最初からこーすりゃよかった。

教訓:いとこどうしでもそれぞれのつき合い方を知らないので、このいとこには中途半端に相談チックなことはしないほうが懸命。
とひとつ賢くなった。

なんか、「(その連絡くれた九州のいとこから)私の携帯に連絡あったんですぅ」なんてフツーに関東のいとこに言ったら、関東のいとことも、いきなり夕方、携帯番号交換することに・・・。
決して、九州のいとこと番号交換してるくせに近くにいる俺と交換してないのはおかしいじゃん的、ライバル発想でなく、
「あ、そーいや、俺携帯番号交換してなかったっけ」とか思って、じゃついでに ってノリだとは思うけど、なんだかなぁ~。

誰が誰に連絡しただの、世話になってないから香典はいらないだのなんだの、
私からみれば違和感だらけ。
親戚同士でも普段は知らん顔して暮らしててよほど気があう人だけ個人的につきあうけど、でも冠婚葬祭となれば全員集合だから変な空気が流れるのを感じずにいられない。
あぁめんどくさ。
本家と分家の争いごとを聞いちゃってるから私も過敏になってるのかなぁ?
とりあえず、対岸の火事でよかったよぉ~。
義理さえつくしておけば悪口言われないだろうし、言われたとこで別に怖くないし。

って、叔父の冥福を祈るよりもこの世のめんどくささばかりの愚痴を書いた私も結局、
同じ穴の・・・。

いやいや、虎穴にいらずんば虎子をえず。
ちがうだろ!
虎子いらないし。
[PR]
by gura_ss | 2010-07-13 04:45 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧