育児の難しさ

今日もNくんと公園遊び。

1.5キロぐらいの距離を、子供たちに歩かせてみることにした。
(今まではそのコースはベビーカーだった)
案の定、疲れきったユウナは、途中座り込んでしまう。
スパルタママ(というか、単なるめんどくさがりママ?)な私は放置してずんずん歩いたが、Nくんが気にしたらしく、わざわざ戻って、ユウナをお迎えに行った。
Nくんは「はやく~ほらっいこーよ」(と、口が動いてた気がする)と、手を差し伸べてもユウナは知らん顔。
しばらく説得してもリアクションなしのユウナについにしびれきらしたらしく、Nくんはユウナの手をとって、一緒に手をつないでこちらへ歩いてきた。その様子がやたらかわいくて、Nくんママと私は笑いながら見ていた。
(ちなみに、Nくんとユウナは同じ日に同じ病院で生まれている。やっぱり頼もしいな、男の子は。)

一事が万事で、そんなほほえましい子供たちの遊ぶ姿を見ながら、私たちも楽しくすごしてのんびり帰ってくると、一瞬にして気分を壊す出来事。

ユウナの最愛の人(Nくんのお兄ちゃんTくん)と、そのTくんを追い回す近所のストーカー娘A嬢。
またもやつるんでおり、Nくんママ(でもありTくんママでもあるので、以下Tママとする)、顔がひきつる。
というのも、そのA嬢、明らかに言動がおかしいのだ。
だから、一緒に遊ばせたくないらしく、それは私にもよくわかる。

たとえば、
「Tくんが(今週)骨折して、ざまぁみろって思ったんだ!」とA嬢がTママに言う。
さすがにTママ、かちんときたらしく
「そんなこと言うんじゃないの。もしAちゃんが骨折とかしてざまぁみろなんて言われていい気持ちする?イヤでしょ?」と説得しはじめ、それから、TママとA嬢のあーでもないこーでもないが続き、
しまいにゃ、A嬢
「あたし、ざまぁみろなんて言ってないもん」とのたまふ。
は???
Tママもぶちきれて「言ったでしょ、さっき」
A嬢「言ってないもん!おばちゃん、耳悪いんじゃない?」
と、きた
Tママ呆れて「あっそ」と突き放す。

私は聞こえないフリしてちゃんと聞いていたよ、なんなんだ?このクソガキ!世の中なめんなよ!

ちなみに、
Tくんは今週骨折したのだが、しかも原因はA嬢が「そのぐらい飛び降りられないの?ダセー!」だのなんだのさんざんあおってやらせて、Tくんは滑ってコケて右手でかばって骨折したらしい。
という背景があるそうだ。

もう、その時点で、A嬢に
お前、いつか痛い目みるぞ!
と私は言ってやりたい。

でも・・・。
ふと、思った。
A嬢だって数年前は多分かわいいかわいい天使ちゃんだったと思う。
それが、こんななってしまうなんて・・・。
だから、今、うちのユウナは確かにかわいいかわいい(たまに小憎らしい)天使ちゃんだけど、いつか言葉も達者になってよそのおばさんにこんな口をきくようになったら・・・なんてのを想像しただけで震えた。
やっぱり、小さいうちからのしつけとか、親の子供への接し方って大事なんだよな、と再確認。

でも、もし、私がTママの立場だったら、そもそも「そんなこと言うんじゃないよ」なんて説教すらしないだろうな。A嬢は同い年の同性と遊んでいないだけでハブ(表現ふるっ)、なのは明らか。
だから、Tママに対してだけでなく、誰に対してもそうだから嫌われているのも容易に想像できる。
だから、ここで私が手を汚してまでいろいろ教えてやる必要もない。世間からたたかれて覚えろ!主義で。
たとえば、我が子が怪我して「ざまぁみろと思った」なんて言われても。
「ふぅ~ん」など口だけで応答するものの、目をあわせず完全無視を決め込む か、逆に目で脅す か、でやり過ごすだろうな。
Tママのように昔ながらの「他人さまの子供も教育してあげる」奇特な人も確かにいるけど、
私のように「他人さまの子供を教育する労力もったいないし、逆に何言われるかわからないからめんどくさっ!関わるのやめよ」派のほうが多い気がする。
だからこそ、我が子を常に冷静に見てないと・・・

なんて思った出来事をまたひとつ思い出した。
ヨッパの勢いで、身内の恥をさらすが・・・。

私のいとこN(っつか、そのいとこの子供と私は同い年なので、おじ みたいなものだが。)
Nおじは、定年退職してるような年齢。
そしてNおじは、Sおばというステキな妻と3人の優秀な息子をもってるのに!(息子Yは一流大学出て、誰でも知ってる某一流企業本社でバリバリやっている地位を得るにはどれだけの努力とどれだけの運をもった男の子なんだろ?と、年が同じなだけにどんだけぇ~遠い世界の人なのが分かる)
なのに(だからこそ?か?)、Nおじは、何が不満で、中国に愛人を作って子供まで産ませてるわけ?挙句の果てに認知までしてるし。
Sおばの気持ちを考えろ!

とは言っても、夫婦間のことは当事者しか知らないことも多々あるわけで。
Sおばにも落ち度はあるだろうさ。

しかし!
Nおじのママ、F伯母(Sおばのお姑さんであり、私の伯母)
F伯母は、Sおばに謝るどころか「あんたが悪いのよ」とSおばを憎んでる。
頭、おかしい・・・。
確かに息子かわいさから、そう思ったとしたって、表面上、嫁に謝っておけば、嫁だっていくらかは気がすむ。本心じゃないことが分かっても・・・だ。
なのに、F伯母ったら!!!

一応、F伯母は(父の長兄の嫁)であり、父の家の本家を継いでるので、父の法事系や戒名をもらう際、代々の戒名を教えてもらったり、何かとお世話になったので、お礼や報告など、私はよくF伯母に電話をしていた。
本当はお会いして直接言いたいんだけど、遠く九州の地に出向くわけになかなかいかず・・・。
そしてまともな対応してくれるF伯母のこと、私は個人的には好きだったんだけど・・・。

「一回忌は、また九州からはるばる皆様にいらしていただくのも申し訳ないので、こちら関東の親戚だけお呼びして行うつもりです」と報告した後、Sおばも来ることを察知したF伯母。

F「あなたはいいわよね、Sさんと家が近いから仲良くやってるんでしょうよ!」ときた。

わ「いえ、別に仲良くさせていただいてるわけではないですよ。こんなときばかり失礼かと思いつつ、家が近いから、いきなりお声かけさせていただいただけですので」と、真実を口走ってみたりもする。(っつか真実であっても自己防衛に走る私もイヤだ・・・)

F「あのね、私はあの人たちのことはイヤなのよ!NちゃんとSが不仲だからそのとばっちりが私にくるから」
だとさ。
ヤレヤレ。
私がその中国の愛人事件を知らないとでも思ってるのか、肝心のその部分を隠して、単なる「不仲」の一言で片付け、喧嘩両成敗かよ!みたいな・・・。
それか、お前は一夫多妻制にそだった戦国時代かよ!みたいな・・・。

私はいろんな言葉を喉元で飲み込んだ瞬間だった。

そして、私は思った。
息子はいないから分からないけど、もし息子がいたとして、Nおじみたいな息子をもってしまったら・・・。
と想像しては震えた。
[PR]
by gura_ss | 2007-12-07 02:13 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧