友達の結婚式

昨日は夢のように楽しい1日だった。
Tくんと台湾美人の結婚式。
前日、神奈川県では大雨洪水警報が出てたぐらいすごかったので、心配だったけど。
当日はすばらしい晴れ。
ノースリーブのドレスで走り回っても全然寒くなかった。
そう、慣れない10センチのヒール履きながら走り回っていたのだ。
披露宴での余興の打ち合わせしたいから、飯田橋東京大神宮朝9時集合の約束をしてたにもかかわらず。

私はギリギリすぎる時間に出て、予定の電車を逃す。
さらにホームに到着すると、電車が遅れてるとのアナウンス。サイアクだ。
で、やっときたと思ったら予想外の電車(千代田線直通)がくる。
私の予定では新宿まで出て、なんかJRに乗り換える予定だったけど、その千代田線じゃ新宿までいかんし。
慌ててiモードで乗り換え検索をして3通りにしぼったけど、所要時間を見ると同じぐらい。
じゃ、一番知ってるルート(明治神宮前で降りてJR原宿駅までダッシュで代々木・飯田橋ルート)を選択。

でも結局9:40到着で・・・。
式には余裕で間に合ったけど、やっぱり余興の打ち合わせには間に合ってないし。
といっても、昨年11月のSくんの結婚式でもやってるネタなんで実はみんなあまり緊張感もなくとおし練習も本当はどうでもいいと思ってる。という感じがした。

だいたい余興なんて最後のほうだからみんなもきいてないし、自分たちもいいかげんできあがってるから、練習してたって予定どおりにいかないし。

私は神前式は何度か参列させてもらったことがあるが、ここの神前式は踊りもあって食い入って観てしまった。なんかおちつくな~。笙の音とかも・・・とかとか思いながら、式が終わる。
そして、披露宴までの控えが40分ぐらい時間があった。そこで私たちは余興の練習を2回ぐらい通してやって、あとは勢いでということで。
Sくんのときは、ちょっと段取り間違えてしくじったので悪いことしたなーという反省もあり、今回も「時間なければカットしてくれてかまいませんよ」と、司会の人にこっそり言ったりして逃げ腰で臨んだけど。
思いのほか、ウケた。
余興・概略:
大学時代の仲間です。いまでも仲良くて定期的に集まってて・・・という軽く紹介のあと。
今日はTくんとSちゃんの結婚式でおめでたいのですが、もうひとつおめでたいことがあります。
・・・そこで
白衣姿で私たちは登場。
長年研究してたタイムマシーンが完成し。博士をかこんで祝杯をあげようようとしている舞台へ。

ついに完成しましたね!では乾杯
 で、みんなそれぞれビール一気飲み。博士だけジョッキで助手役の私たちは普通のコップ。
さて、ボタンを押しましょう!
 で、また乾杯前に戻る。
ついに完成しましたね・・・乾杯・・・一気飲み
を何度か繰り返し。
最後、苦しくなった博士は
「いや、まだ完成してない。それより・・・さっきからあそこで幸せそうにしてるヤツがいる」と新郎を指差して、連れ込んで一緒に一気飲みをさせる。
というストーリー。
Tくんは当然ジョッキで一気飲みしたが、Tくんみずから「タイムマシンのボタンおしていいの?」と言って押して一緒にくるくるまわってまた一気飲みしてくれたし。
そこで盛り上がるわな。
四捨五入すれば40のおじちゃんおばちゃんが、学生のノリで一気飲みを披露するってどうなんだろ?とかとか思いながら。
学生時代の友達で、そんなことばっかりやって遊んできた仲だから仕方ないな。
と言いつつもまわりの反応に敏感になっていた。
が、前の席のほうにTくんの会社の先輩陣が座っていたのだが、これまたノリがよくてからんできてくれたことにも救われた。
新郎の父の最後の挨拶でも「大学時代のお友達があんな楽しい余興をやってくれて、感謝してる。これは自分にとっても一生の思い出に残ることで」と一応言ってくれたことにも救われた。
もしかすると・・・
あんなヒンのないことしおって!って思ってたかもしれないけど、でもそれでもこんな褒め言葉がもらえてこちらは素直に嬉しい。

ま、それはさておき。

余興が終わってホッとしながら、「思いのほかウケてよかったよね」とみんなで喜ぶ。
一安心したとこで
さぁ、飲みますか!
と、席に戻って本格的に飲み始めたところですぐお開き。
新婦の両親への挨拶とかで感動の涙を誘ったり。(遠く離れて好き勝手してる私を黙って見守ってくれていた両親に感謝してるとか、ステキな人とめぐりあえたので、とかそのテのハナシ)
内容はシンプルだけど、席次で見ると中国の名前の人々(新婦の友達)は、みんな泣いてたんで、その雰囲気でこちらもうるっとくるような・・・。
ほんと、いい式でしたわ。

で、お開き、解散後。
お決まりの「外で胴上げ」で、とりあえずしめる。

しかし、まだまだ2時か3時で時間は早い。
終電の心配しなくていっぱい飲めるなんて幸せ~!

早速、カラオケボックスになだれ込む。
ところが、飯田橋の隣は水道橋でウインズがあるとの情報をキャッチ。
歌が下手でできれば歌いたくない私は、当然カラオケボックスなんかぬけだし、飲むための資金稼ぎにいくわな。
私は、後楽園遊園地と水道橋のウインズが近いなんて知らなかった。
っつか、ウインズが水道橋にあることさえ知らなかった。
府中しか知らない私にとっては水道橋のウインズがヒンよく見えた。
ま、結果はほんの少しの勝ちで終わり。
カラオケボックス全額のうち、半分ぐらい負担できたかな?程度。

そして夕方になり。
本格的に居酒屋へ飲みにいく。
いつものメンツのほか、卒業以来の友達もいたけど、結局昔に戻って楽しく、くだらないことでバカ笑いしたり。
なぜか山手線ゲームがはじまって、つっかかった人に、みんなではりせん(←余興で使った)でつっこみまくって笑ったり。
本当にいいな。
楽しんでるのは私だけか?と思ってまわりをみても、みんな楽しそうに笑っている。
そんな笑顔をみてもまた幸せになれる日だった。

遠い他県から来てる友だちは、新幹線の時間があるのでいったん7時ごろ、お開きにしてみんなで見送る。
それから、新宿へ繰り出す。
土曜の夜の新宿ってすごいよなー。
久しぶりだったけど、こんなんだったっけ~?
とかとか口々にいいながら、なんとかお店に入れる。
すると、某Sくんがいきなり泣き出し、何事かと思ったら
「仲間っていいよな。俺ほんと幸せだよ~。友だちは財産だから」と・・・
?泣き上戸?
っつか、Sって学生んとき、こんなんじゃなかったのに、多分、みんなそれぞれかかえるものがあって(妻子とか仕事とかそれなりに責任が重くのしかかってきてるんだな)と勝手に思った。

確かに私も友達は財産だと思ってるし、今のこの仲間はじいさんばあさんになっても大事にしたいし、つるんで飲んでいたい存在だけど。

とかとか語りながら、また別の仲間が同じく新宿で飲んでるという情報をキャッチし、そこへ一同向かい、つぶれてるSを託し、夜11時をまわってたそのとき、私は退散。
あとは一緒に帰る人、さらに便乗して残る人、半々だったけど。

もう、昼からずーっとお酒も飲み続けられ、みんなわきあいあいで、大満足。
ま、細かいこと言えば、M嬢に対しては
「おいおい、その発言ねーだろ!いいかげん大人になれよ!Tの結婚のお祝いにきてるのに、なんでTが国際結婚でうまくいかなくなって離婚してどーとかそんな縁起悪いハナシ、この席でできちゃうわけ?」とか、
M嬢「甘いもの嫌いになっちゃって」とか言いながら、デザート5種類ペロッとたいらげたくせに「甘すぎてまずい」だなんだ文句をつけ、それを帰り際慌てて食べてる友達に対して「うわ~よく食えるよね。きもちわるーい」と立ち止まって超ガンミしてるし。
その友だちだって残しちゃ悪いと思って食べただけかもしれないし。
マズイだの気持ち悪いだの、親族が近くにいるとこで言うな!ご祝儀は別としてご馳走になってる身なんだし!
マズイなら、食わずに黙って残せ!
もし、つっこまれたら「おいしそうで食べたいんだけどさ。おなかいっぱいになっちゃった。残念!タッパもってきてたらもってかえるとこなんだけどさ(笑)」とウソくさくてもいいから言ってるほうが得するんだぞ、世の中!
とか、M嬢に教えてあげたい気もしたけど。めんどくせっ!
とりあえず、「今、私生活不幸なんだね、かわいそう~」と心の中でつぶやいて片付けてしまった。
ちなみに・・・私も甘いケーキ類のデザートは全く手をつけないのも失礼なんで、一口ずつ小鳥の餌(?)ていどすくってなめて、ビールで流し込んでおしまいにしたのを見てたKが
「ぐらちゃんってほんとに酒飲みなんだね」と・・・。
私がそのかわいそうなM嬢を見てるのと同時に、自分(の行動も)見られてたことに気づく。
全部食べることに意義があるんじゃなくて、「なめんな、こらっ!」といわれるレベルで、箸(フォーク)つけることに意義があるんだよ!
ま、それは披露宴の場合だけど。
ちなみに家庭に招かれて家庭料理いただくときは、食べれないと分かっているものは最初から手をつけないのが礼儀だと私は思ってる。

ま、それもさておき。
やっぱり、バカなことやってるように見えてもみんな基本的に頭のいい集団だと改めて思い、そんな頭のいいみんなが私なんぞも仲間にいれてくれて楽しくもりあがるって、ほんとめぐまれてることを再確認した日だった。
しかし・・・
最後、みんな酔いもまわってきて、男ばかりでキャバクラのハナシやらいろいろそっち系のハナシに暴走してたが、(多分、私も中身は男だと思われてるんだよな)、新郎本人が「キャバクラいくぞ」でノリノリで。
結婚式当日に花嫁を放置してそっちに行くってなんなのよ?
もちろん、それはTがねらったジョークだと信じたいが。

ま、それもさておき。
この年齢になると、結婚式に参列して感動したりするピュアな気持ちもだんだん薄くなるけど、そのかわり、忘れてたいろいろなもの思い出したり、また新たに得るものもあるよな~。
いろんな人生経験つんでステキに年をとっていきたい。
[PR]
by gura_ss | 2008-03-16 22:38 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧