<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

プロバイダー乗り換え

うちは現在、ケーブルTVでインターネットもやっている。
遠い昔(電話回線が主流だったころ)、「ケーブルTVはダウンロードがえらくはやい!」という夢のようなハナシで、わりと早い時期にケーブルTVにとびついた。

がしかし!

さらに速いひかりが普及してきた最近。(最近でもないか)

といっても、うちは、映画や音楽をダウンロードしたりしないし、ブログめぐりやメールのやりとりをちょこちょこ程度なんでそのまんまケーブルTV継続。

でも、最近、ケーブルTV会社が合併したりエリア拡大して工事してるせいかつながらないこと多くなってきたし。

CM(♪た~らこ・とか♪ハムソ~セ~ジ♪・とか♪アフラックとか)の短い動画をDLしてユウナにみせると大喜びするが、DLに時間かかるあげく、途中できれたりすると、ユウナまでもがヒステリー起こすし、ダンナも「もーケーブルTVやめろ!」と激怒

やめろ!って私にやつあたりされてもなー。
「やめろ」じゃなくて「やめて他のに替えようよ」じゃないの?
ま、今に始まったことじゃないけど。

本当はケーブルTVが悪いんじゃなくて、モデムが悪いのかもだし、無線LANが悪いのかもだし、原因はわからないけど、とにかく使い勝手が悪くなってきたことは確か。

で、私が乗り換え決意したのも
ケーブルTV会社の合併で(メルアドのドメインが変わるため)、いずれにしても変更しなきゃいけなくなったことだ。
どうせ、アドレス変わるならほかんとこにしようと。

で、先日、父の法要も終わって一安心したので。
さっそくどこのなにがいいか朝から調べてるが・・・。
さっぱりワカラン!
もっと素人にもわかるように書いてくれなくちゃだよ(-_-#)

本当は、(直接の仕事はあまり関係ないにしても)コンピュータ業界でエンジニアしてるダンナが調べりゃいいのに。
今朝「うちはADSLで充分だけど、どこそこのひかりなら安い」だなんだ中途半端な前フリして
「あとは暇人が調べてくれ」と・・・。

ヒマジンだ?プチむかついた私は

「肥満児が調べろ!」と言いかえす。

「なんで俺はこれから家族のために働きに行こうとしてるのにヒマンジとか言われなきゃいけなんだ?」

「本当に太ってるから」

「いつも朝から暴言あびて会社についてから泣いてること知らないだろ!」

「ってか、先に暴言はくのはいつもそっちでしょ!」

今朝も1バトル勃発。

そんなこんなで見送ったあと、まだユウナが寝てたので調べてみたけど・・・。
ダンナの呪いのせいか、イマイチ、「これだ!」というプロバイダーがみつからない。
いや、どれもこれもよさげなんだけど、コース別とかいろいろ見ると混乱。

この際、IP電話にしちゃおうかな?とか変な邪心もあり、さらに混乱。
あー、でもあんまりのんびりしてると今のアドレス使えなくなるしなー。
中には(今加入すれば3ヶ月無料のetc)キャンペーン期間、明日で終わるとこあるし。
って前日に焦っても仕方ないけど。

詳しいいとこがいることはいるけど、うちの現在のケーブルTVのモデムに携わってる会社だから「あんたんとこの使えないからやめるんだ」とも言えないし。
地域違うから他社の詳しい内容も知らないだろうし。

日進月歩だなー。
わたしゃ、時代の流れについていけん!
[PR]
by gura_ss | 2006-10-31 16:15 | 内容はないよ~

ご冥福(祈)

今日が父の命日。
一回忌と納骨を無事に終了し、ホッとしている。

もともとお墓があるなら七七忌で納骨らしいけど、父は末っ子なので今回、新たに建てた。
私の家から車で20分程度のとこなので、いつでも気軽にお参りできるし。

納骨準備風景↓

f0095497_1675417.jpg

本堂でお経を30分ほどあげていただいて、その後、左記写真の墓地へ移動し、そこで土地の神様へのご挨拶とかで純米酒とおせんまいとお塩をまいたり、さらに手厚く読経してもらい納骨して無事終了。
けっこう時間かかった(移動時間込みで45分ほど)ので本格的だったんだろうな。真言宗。

で、そのままご住職さまは次があるとのことでお帰りになり、親戚&父の会社時代の(飲み)友達で、食事会。

一応、空き瓶チェックをし、注文。
献杯早々、次々、酒の注文するだけに会館の人は「え?そんなにですか?」とプチ引き。

すみません・・・
父を筆頭に、みんな「飲んべー」といわれる九州の血をひくもの(親戚)ばかりで・・・
(^^;;

がしかし!
さらにつわものがいた。

それは父の会社時代の飲み友達。
本当かどうかわからんが、どうやらみんな70~80代のメンバーらしい。
エェッ!?(* □ )~~~~~~~~ ゜ ゜
そんなご高齢で、なんでそんなに元気に飲んでもりあがれるの?
ま、にぎやか大好きな父にとっては何よりの供養になったけど。

彼らは遠慮しながらも「焼酎はないの?いや、あんたのお父さんは焼酎しか飲まなかったしなー」と。
「ちょっと聞いてきますね。」
数秒後
「ボトルならあるんで大分の二階堂(?)頼みました!」
「いやいや、昼から酔うわけにいかないので」と、また遠慮してくれる。
「じゃ、とりあえず、1本だけ。万が一、のこれば父の墓石にかけてあげるんで、お気遣いなく」
「いやいや、○○ちゃん(←父)のムスメさんなら飲むでしょー、残ったらあんたが持って帰って飲んでよ」
「わかりました!(・o・)ゞ(笑)」・・・私は焼酎はくさくて全く飲めんが・・・
といいながらも1時間で彼ら数名でボトルがからに・・・w
そして、父が酔いつぶれて送っていっただのそーゆーエピソードをでかい声でにぎやかに話していたんだな。ご高齢だから耳も遠かったんだろうけど。

すると・・・
飲んべえ集団のうちの親戚がどん引き、しはじめる。
とはいっても、あからさまに顔には出さないけど。
ま、さすが「父の友達」ってことで苦笑いですましてくれたかな?

しかし、あまり呑まない母方の親戚は明らかにひきつってるし、顔。

たかだか二十数人程度の集まりでも温度差が違うんだな。

母はいろいろ問題あって全く機能しないがため、一人っ子の私が仕切ったかたちになったけど。
不手際があったりもしたけど、いろいろ勉強になった。
ひとつひとつ覚えていかなくちゃいけなんだよな。
幸い、関東に住む親戚もわりと多いほうなのでいざとなれば頼りになるし。

そのあいだ、ユウナはパパや、保育士してる親戚に遊んでもらっておとなしくしてたな。
↓お菓子をもらってパパの膝でいただきます!
f0095497_16353980.jpg

施主・母
/
準施主・娘の私は、さすがに酔うわけにいかないのに、隣のおじさん(父の飲み友達)が次から次へとビールをついでくださり、あれば飲んでしまう性格上、気づけばけっこう飲んでしまった。
ろれつまわってる範囲でお見送りできたと思うけど、多分・・・

最後、お店の人と、一緒に、「忘れ物がないか」座敷チェックしたとき
「みなさん、(お酒)お強いんですねー」と、半ば感心・半ば呆れ
ムードといった感じだったな。

家に帰り、ホッとしたので、さっそく父(の写真)と、杯酌み交わしていい感じで酔っ払ってきました。
まだ外明るいのに・・・。
ま、命日ぐらい、(●´▽`●)_旦"☆"旦_(○´ー`○)ケンパイだな。
[PR]
by gura_ss | 2006-10-29 17:15 | 内容はないよ~

いつかパラソルの下で / 森 絵都

オルビス(化粧品会社)が発行している冊子にオススメ読書で載ってたので読んでみた。

主人公(女)が定職ももたず、大酒飲みで、彼氏と同棲してダラダラ毎日を送る。
本人はそれなりに楽しんでいるけど、傷つくこともある。
親が異常に厳しすぎたことが原因。
というよくありがちな(?)設定。
いっとき、ハマってた山本文緒さんもその設定の作品が多い気がする。

で、主人公は父親の一回忌を迎えるにあたり、ひょんなきっかけから、父親(が捨てたハズの)の生まれ故郷へ、兄と妹と3人でルーツを探りにいくはめになる。
自分が今こんなんなのは厳しすぎた父親のせいだ!と父親を憎んでいたハズだけど、父親のルーツを探ってみると・・・

という、最後は後味スッキリ爽快感!
別にスリリングな事件があるわけでもないし。

私はこの主人公のように20代の若さでないし彼氏もいないし(夫はいるが)、定職につかないと強迫観念にとらわれるタイプなので常に働いてたし、兄弟もいないし。
あまり、共感できる環境ではなかった。

がしかし!

私ももうすぐ父の一周忌。
そのあたりのことはほんとによくわかる。
親戚が集まって、父の子供時代のハナシを聞かせてもらうのは、皮肉なことに父のお葬式や七七忌などの機会だった。

父が生きていたころ、マジ喧嘩して「娘を陥れて楽しいか!このバカおやじ!」と、ブチキレたこともあったけど、父は悪気があったわけでなく、そんな恵まれた環境でヌクヌク育った父ならではの言動だったんだなー。
と、亡くなってから理解したし。
それに「陥れられた」というのもある意味、私の被害妄想(^^;)
というわけで、そのとき当然、父も逆ギレ。
今ではいい思い出だ。

ルーツを知って初めて理解して、自分も成長できる(少し違った見方ができるようになる)ってのは本当、そのとおり!
よく表現してあるなーと感心する作品だった。
[PR]
by gura_ss | 2006-10-26 22:52 | 読書記録

ママも未熟者です

最近、1日最低2回はユウナのおしっこ掃除をしてる。
フローリングでよかったとつくづく思う。
トイレトレーニング中で今一番、中途半端な時期。
「そのままぬれたオムツをするのはイヤだけど、ちゃんとおまるですることができない。」
or
「とりあえず、事前OR事後にパンツをぬぐことはできるけど、どこでするかイマイチわかってない。」
というなんともビミョーな段階。

オムツがほんのちょっとぬれただけでも嫌がってオムツを自分で脱いでしまう。
私てきにはあと2回分ぐらいのおしっこいけるぞ!と思うけど、やっぱり本人が気持ち悪いこと自覚してるんだから、それを大事にしようと思うと結局頻繁に替えてあげなくちゃいけない。
2~3時間でパンツタイプのおむつを5~6枚消費なんてこともあり、経済的にキツイ・・・。
私のビール代を削るのは無理だしぃ~。
というわけで、外出しない午後は基本的にトレーニングパンツか、普通のパンツに尿とりパット(?)をセットして履かせてる。

でも、とにかくしょっちゅう脱ぐ。
目を離すとすぐノーパンで徘徊してるし。

二次災害(おしっこのみずたまりでぴちゃぴちゃ遊ぶ)が起きる前におしっこ掃除すぐできるスタンバイはしてあるが。
(着なくなったTシャツを切り刻んであるので、それでふきとって・⌒ ヾ(*´ー`) ポイ)

おとといは、あとから気づいたTV前のおしっこ掃除をしてる最中、またジャジャジャーという音。

見るとまたノーパンで床におしっこしてるし。
慌てて走っておまるに座らせようと、私がスタートダッシュした瞬間、TV前の掃除途中のおしっこで滑って、コケかけた。
なんとか体勢整えたけど、どうやら、またもやむちうちリバウンド(?)きたらしい。

昨日は一日中首いたくてまわらないし、妙~に寒いし。
天気悪くて外で遊ばせなかったからか、全く昼寝しなかったし。

ユウナが昼寝してるときは、解放されて自由時間ができる私の休憩時間。
それがないとなれば、当然夕方疲れがピークに達する。
まさに昨日、それだ。

昨日は外で遊べないから、一応、車で20分ほどのキッズプレイランド(屋内)に連れていったけど、ユウナは、同い年の男の子にストーカーのようにつきまとわれ、イジメられ続け、泣いてばかりだっただけに楽しめなかったのを親の私が気にしたし。
ユウナから手なんか出してないし、ちょっと離れたとこで邪魔せず遊んでたのに、あの男の子はなんであんなにユウナばかりを目のかたきにしたのだろう?なにが気に入らなかったのだろう?!と悶々と考え続けたり。
ちなみに:その男の子の親が、ユウナに気をつかってくれたのが裏目に出たような気がしないでもないが・・・(^^;)

とういわけで、そんなことが重なり、魔の時間(私の疲れがピークの夕方)、とうとう爆発してしまった。

またもや、ダイニングあたりで、床におしっこジャージャーユウナ。

今日、これで何度目だよ!

「もー!どうせおまるでできないんだから、おむつしてってさっきから言ってるでしょ!」と、暴言。
どうせ○○できないんだから!なんて、
絶対、子供には言わないって決めてた言葉を・・・。(ノ_-;)ハア…

それに、トイレトレーニングに関しては失敗したって絶対叱ってはいけない!叱ったら逆もどりしてあとが大変だから・・・って念仏のようにとなえてたのについつい・・・。

自己嫌悪。

その後、米をとぐ用意してたとき、案の定、ユウナが近寄って米をいじりはじめた。
普段は散らかされるのがイヤなので
「もうちょっと大きくなったら手伝ってもらうから、今はいいよ。さわらないでね(^O^)」と、ユウナを追い払っているが、昨日は米で少し遊ばせながら
「今日は炊き込みご飯にするからね、いっぱい食べてねー」と笑顔で言ってた。
まさに罪滅ぼしの意識。

以前、ユウナが公園でも脱ぎ始めたので、変態だと思われてもかわいそうなんで(笑)、近くにいたママに「なんか事前報告はまだできないけど、気持ち悪いことだけはわかるみたいで脱いじゃうんですよね、最近」なんて言い訳がましいこと言ったら
「そこまでわかってるんだったら、もう少しですよ」なんて言われたんだけどなー。

もう少しってあとどのくらい?何ヶ月?

焦ってるつもりはないけど、これが焦りというものだろうか。

と・・・昨日は疲れてたけど、

今日は天気もよく、近所の保育園の園庭解放で思いっきり遊ばせて昼寝してくれたし。
私も復活!

そーいや、サークルにいっても子供が遊戯に参加せずだだこねてると、ママの顔はピキピキ怒り全開モードになってるし、中には「いいかげんにしてよっ!」って叱りつけるママもいるし。
そうそう、ママだってときにはかんしゃくを起こしたくなるのよね。
私だけじゃないわ!
と安心する瞬間でもある。
[PR]
by gura_ss | 2006-10-25 23:59 | 育児

殺人の門 / 東野圭吾

ブログ上のお友達のページで紹介してたので、読んでみた。

ドロドロ東野作品慣れしてきてしまったのだろうか、「後味わるーい!爽快感がない!」という感想はない。
といっても、言うまでもなく、ハッピーエンドではない。
みんな、破滅的なまでに悲惨で・・・いやー、大好き♪
納得いってないとこは最下行にネタバレで書いておくけど。

主人公・田島は、幼少時代からの友人(?)・倉持によって、人生悪いほう悪いほうへひきずられ、いつしか殺意を抱くが・・・その殺人の門は・・・
というハナシ。

軽蔑してた父と同じことをやっちまうあたりや、倉持の策略(幼少時代から大人になってからまで)も実に見事で、この点はスッキリだな。

また、「倉持だけが悪いんじゃない。ヤバイと判りつつ、かかわってしまう田島、おまえがバカなんだろ!」
とも言い切れないとこが巧妙だわ。

田島自信もさんざんひきずりこまれ学習してるだけに最初から「倉持に関わりたくない、やっぱり胡散臭い」って判っているにもかかわらず、関わらずを得ない状況だし。
経済的に追い込まれるという設定で、もっともこれも倉持の罠だけど。
でも、一番大きいのは、倉持自信が田島のこと、人間的には好きだったことかなー。
人間と人間のつながりって損得だけじゃわりきれない面あるもんなー。
おそらく、田島も倉持のこと、嫌いなハズなのになぜか振り払えない何か(魅力?)があったのかな?

それと、連続殺人が起きてない。
規模は違えど「男の嫉妬」で、これに近いことは現実にあるかもしれないな。
と、考えてしまった。

で、以下、クライマックスのネタバレなので、これからこの本を読む人、まだ読んでる途中の人は見ないほうがいい。
読み終わったら見てみて。

といっても、所詮、私は嫌いな人はいても、殺したいとまでは思ったことがない・・・
そんな私が思った程度のことなんだけど(^^;)

納得いかない点
[PR]
by gura_ss | 2006-10-24 01:04 | 読書記録

呑んでも痛みは消えないし、レンタルビデオ屋は。。。

住宅ローン以外に借金はないけど、首がまわらない

と、今朝起きたら気づいた。
思い当たるフシはただひとつ。
昨日階段から転落したとき、軽くむちうちみたくなったんだろうな。

ま、そのうち治るだろう。
と、日常生活がはじまる。

まず、玄関掃除しようと思ったら、ユウナの靴が3足も出てることに気づく。
「もうこれ履けないから洗ってしまおうかな?これはどうしようかな?」と玄関にしゃがみこんでると、ちょうどダンナの出勤時間だったらしい。

ダンナはかばんをわざと私の頭にぶつけて通過。

ゴキッ(首の骨・・・・)
首まわらないほどヤラれてるっちゅうに・・・

テメェ、いつかぶっ殺す!

ま、それはさておいて。
お昼から友達のOちゃんが、0歳児の娘チャンと一緒に遊びにきてくれた。

出前がくるまでのあいだ、紅茶(テ・コンミエル)をいれたけど、結局ご飯食べながらビールへ走るママ二人。

Oちゃんは、数年前、酒の飲みすぎで体をこわし、命の危機にさらされて入院してたほど、命がけののんべえちゃん。
Oちゃんはいいけど、ムスメちゃんまでお酒に汚染されちゃかわいそうなので、Oちゃんの妊娠中・授乳中はお酒の誘惑しなかったけど、今日は卒乳したときいたので、おおでをふって、酒をすすめた。(当然、車じゃないし)

結局、昼からダラダラ呑んでしもた。
やっぱり、楽しくてあっというまにすぎたけど、何を話したのかあまり覚えてない。
ま、育児バナシメインだったとは思うけど。

「電車男」に出てくるオタがフィギアをにぎりしめて敬礼して泣きながら「マチルダさん!」って叫んでたシーン、ずっと気になっていたのだけど。
FFかDQでマチルダという裏切り者チックな人がいた気がしたけど、どうみても違うし、なんだろ?
って。

で、Oちゃんとたまたまアニメのハナシになり、ガンダムに出てくるマチルダさんとは犠牲になって・・・というあらすじをOちゃんから偶然きいて感動したことぐらいしか覚えてない。

ガンダムのビデオ借りてみようかな。
やましくはないけど、なんとなくこっぱずかしいので普通の映画のしたに隠して借りるだろうな。

がしかし!
最寄り駅にはレンタルビデオ屋がないのだった!
あったけど、つぶれたのだー!

昼からダラダラと・・・、どのくらい呑んだのか数えられないほど、ヨッパなハズなのに依然として首の痛みは忘れない。
もう1本呑んで寝よう。

明日からダンナは旅に出るので、パラダイスが待ってる。
せっかくのパラダイス、二日酔いで寝込んでしまったらもったいないもんな。
[PR]
by gura_ss | 2006-10-20 23:47 | 内容はないよ~

人生に、怪我はつきもの

今日はNくんのママと、車で20分ほどの大きな公園で遊んできた。
その公園は大型遊具もあり、まわりにマンションもあり、人がいっぱいいた。
日ごろ、ユウナは近所の公園で一人ぼっちで遊んでいるので、そんなにぎやかなのが嬉しかったらしいけど、ルールがまるでわかっていない。
ほかの子が登ってるのにプレッシャーかけるかのように一緒に登ろうとするし、滑り台ですべろうとしてる子のまうしろにくっついて座ってるし・・・。

「おともだちが登って(滑って)からね。ちょっと待っててね」とたしなめると、ふてくされるし。

そうかと思うと140センチ前後ぐらいの高さから飛び降りようとしてるし・・・。

「娘さんよ!2歳の若さにして自殺したくなるようなことがあったのかい?言いたくなけりゃ聞かないよ、でもな・・・」と、
寅さんふうの説教をする余裕もなく、私は瞬間移動してユウナを抱っこでひきずりおろしたけど。

Nくんのママは「ユウナちゃん、無謀でこわいよ・・・」と。
私から見るとNくんのほうがよっぽど活発に見えるが(^^;;
確かにユウナもやんちゃだわなー。

もしかしたら、この子は寿命まっとうする前に、自爆で大怪我するんじゃないか?
と不吉な考えがチラついた瞬間だった。

いや、よく考えると・・・
昔、私がスノボーで調子こいてる全盛期時代、高さも確認しないままジャンプ台にいどみ、とんだ瞬間、予想外に高かったことにビビってバランスくずして顔面から落ちた。
そして左半分、顔が腫れてしまったことに鏡見て気づいたが、「酔っ払っちまったら、痛くない、痛くない」と自分に言い聞かせそのままご機嫌でおつかれ飲みしてた過去の自分を思い出した。

無謀なのは、私の血か?
それでも私は三十数年はとりあえず無事に生きてこれたから、ユウナも大丈夫か(´▽`) ホッ

で、夕方、ユウナが昼寝した瞬間、ハチコちゃんのお店のお手伝い(ユウナがいると邪魔されて事務所ではとても仕事にならないのでもちかえりした雑務)を2階のPCでやっていた。
しばらくすると、1階で物音が・・・。

「もしかしてユウナ、もう起きたかな?」と思い、ろうかを通って階段を降りると、日が暮れてあたりは真っ暗になってることに気づいた。

物音は間違いなくユウナがおもちゃで遊んでる音。
電気もつけない真っ暗な部屋のハズ。
「こんな暗闇で静かに遊んでる子供、ちょっと怖いぞ・・・起きたら泣くなり呼ぶなりアピールしてくれよ」と思いながら階段を降りてたら、私が足を踏み外して転落。

痛い・・・痛すぎる!

暗闇に目が慣れてなかったし、ユウナはどうして「起きた」って教えないんだろ?
と、よそごとを考えてたせいか。(自爆)

でも、2~3日もすれば、
「なんでこんなとこに、かすり傷とあざがあるの?なんかしたんだろうな?でも、思い出せないな。まいっか」ってすごしてるだろうな。

ユウナの怪我の心配より、自分の怪我の心配したほうがよさそうだ。
年とると、ちょっとしたことで骨折するし、傷の治りも遅いしな。
[PR]
by gura_ss | 2006-10-19 23:58 | 内容はないよ~

お留守番

高校時代の友達のハチコちゃんの(お店・グランジャポンの)ハナシ。

今年はじめに会ったとき、近況をきくとナント!
「自分で輸入販売の仕事をやってる」とのこと。
w(゜o゜)w オオー!
さっそく食いついた私は「どこの?なにを?きっかけは?」と、やじうまオバチャン状態。
ハチコちゃんいわく、「スペインに行ったとき飲んだお茶(テ・コンミエル)がすごくおいしくて、日本にも広めよう!と思ったのがキッカケだった」そうだ。

※テ・コンミエル
一言でいうと、「はちみつ味の紅茶」
グランジャポン見てもらったほうが正確に伝わるかな)

私だったら、海外でみつけたおいしいものがあっても、「日本でもネットでおとりよせしたいなー。探そう!」ぐらいの発想(他力本願型)しかない。
やっぱりそこからして違うわなー。
と、ハチコちゃんがまぶしく見えた瞬間だった。

私はもともと、紅茶を飲む文化も、はちみつを摂取する文化もなかったけど、興味本位で(失礼だって!)テ・コンミエルを購入してみた。

ナント!ハマった!

友達がうちに遊びにきてテ・コンミエルをいれてもやっぱり好評。
なんで、
「ヒットするといいな」と影ながら応援してた日々。

そして時は流れ、今月はじめ頃。
ハチコちゃんはスペインに出張にいくことになり、留守のあいだ、私に事務所のお留守番を任せてくれたのだ。

「社会と接点がなくてつまらないなー」なんて思ってた私にとっては、ワクワク体験だし、なんといっても、信用してくれてるのがすごく嬉しかった。

○初めて事務所に遊びにいったとき
「なんかステキな空間だわ!」なんて無遠慮に事務所をすみずみ見回しているそのあいだにハチコちゃんはやっぱりテ・コンミエルを煎れてくれた。
ユウナはとっと自分のを飲み終え、私のカップに手を出し飲みほし、次はハチコちゃんのカップにまで手を出した。
ハチコちゃんが「飲んでいいよ」って飲ませてくれたのをいいことに結局、ハチコちゃんの分も全部飲んでしまった。

予想どおり。

ほんのり甘い紅茶なんで絶対子供ウケもするだろう。
この味を覚えられたら普通の麦茶飲まなくなるだろうから、うちではユウナに飲ませなかったけど、やっぱり食いつきいいわな。

○ハチコちゃん不在の事務所へお留守番しにいったとき
「なーんか、家と違っていいよなー」この解放感はナンダ?!ヽ(^◇^*)/
ユウナも珍しい環境が新鮮らしく、いろいろ探検したかったみたいだけど、私としては、「汚したり壊したら大変!」という意識が強く、追い掛け回して、あれダメ、これダメと、口うるさくなってしまった。自己嫌悪になるぐらい。

お昼を食べて1時間後、
「そろそろ寝てくれるだろう。そしたら宅建の勉強するぞ!ここは幸いTVという誘惑物がないし」
と、期待するとダメなんだな、これが。
夕方になっても昼寝しやしない。
眠いことは眠いらしく、和室でゴロゴロしてはいるものの・・・。
「家じゃないとこで寝たら置いていかれる」とでも勘違いしてるんだろうか?
意地はって絶対寝ない。
ユウナとしても、「何も触らせてもらえないし、寝れないし・・・」状態で飽きたらしい。
どっちにしても「そろそろ帰って夕飯作らないとなー」という時間になったので退散。

いろいろ触りたいのに「あれダメこれダメ攻撃」は子供にとって苦痛だったかなと再認識し、「大人の都合につきあってくれてありがとね」とユウナに感謝した瞬間でもあったが。

○さっき
押入れあけて全部中を出してすっちゃかめっちゃかやってるユウナについつい
「さっきから押入れの中はダメって言ってるでしょ!そこにはおもちゃないよ!ママの言ってることちゃんとわかってるくせになんでやるの!」とブチきれてしまった。
ま、そんなもんよね・・・。(^^;;
[PR]
by gura_ss | 2006-10-18 01:44 | 内容はないよ~

宅建、終わった~ヽ(^◇^*)/

密かに勉強し、密かに昨日、宅建(宅地建物取引主任者資格試験)を受けてきた。

8月からお茶断ち読書断ちをしていた。
さすがに酒断ちはできんので(^^;;
というか、がんかけじゃなくて、本を読みはじめるととまらないので誘惑物をとりはらうことで。
言い換えれば本を読む時間を勉強にまわす。ってことで。

今日は解放されたので「読みたくても我慢してた本、いっぱい読もう!図書館行こう!」と、はりきった。
そして、目的の本が貸し出し中かどうかネットで調べてたら、図書館休みということに気づく。
なんだよ!休むなよ!(笑)

昨日のハナシ↓

余裕もって家出たのに、バスが20分も来ないし、やっと到着しても校舎の中で迷うこと20分。
計40分のロスのせいで、教室に入った受験生は私が最後。
ま、早く着きゃ受かるってもんじゃないし。気にしない気にしない。

といっても、遅刻したわけじゃないんで、試験開始までのあの独特の静まった雰囲気、やっぱり緊張するなー。
受験なんて大学受験以来だから、緊張しつつもワクワク♪
しかし、2回も試験かんに注意されたし・・・。

その1
携帯電話についての注意事項を説明してたので、「多分、電源きってかばんにしまえ」ってことだなと勝手に判断してかばんにしまったら・・・。
実は配布される封筒に携帯を封印して机のしたに置かなきゃいけなかったらしい。
「携帯持ってますよね?これに入れてください」って注意されちまった。

その2
受験票を左に置いてたら、「右に置いてください」って注意されちまった。
ほかに注意されてる人いなかったから、多分、受験票は右に置けって指示あったんだろうな。

ま、これは緊張というより、もともと小学生の頃から私は人のハナシちゃんときいてないので先生にもよく注意されてたなー(^^;;
というわけで当然、気にしない気にしない。

そして取り組んだ試験。
難しい~。
やっぱり国家試験をなめちゃいかんわ。

終わったら、会社に電話で報告してるスーツ姿の人がけっこういたな。
ブログでも「落ちたらクビだ」と書いてる人もいたし。
主婦が「ボケ防止対策」で勉強した延長上で受けてるのとは、真剣度が違うわな。

で、自己採点の結果、ボーダーラインでビミョー。
何点以上とれれば合格とかじゃなくて、上位(約)15%あたりで合格ラインをひくらしい。
だいたい、過去は6~7割ぐらいの正答率で合格ラインだけど、まさに私はそこ。
8割以上とってれば、合格を確信できたっちゅうに!
しかも見直しして直したがため、最初に正解書いてたのにわざわざ誤答にしたのが2問・・・。
この2点で・・・くぅ~っ(悔)
でも、その逆で、四者択一問題で2つまでしぼれてもそのあと迷ったすえ、やけくそでマークしたのも意外に合ってたりしたのでトントンか。
ってばくちじゃないっての!
ちゃんと理解してないことがバレバレ(^^;;

でも、全く歯がたたなかったのなら諦められるけど、こんな微妙な理解度で微妙な点数。
もし、不合格だったら、来年も受けよう!こうなりゃ意地だ!

もし、運よく合格だったら・・・また、何かほかの資格とろう!
ボケ防止のため、資格マニアになる道もまたよし。

来月末合格発表なので、またそんとき、動機やら勉強過程やらいろいろ詳しくブログに書こうっと。
とりあえず、今年いっぱいはのんびり暮らそう。
来月(かな?再来月かな?)はボジョレーヌーボーだしヘ(゜▽、゜*)ノ ジュル♪

午前中はユウナと外で遊び、夕飯からはビール呑んで・・・当然勉強にならず。
夏までは、ユウナが昼寝してるとき家事やってたけど、それやめて(家事なら酔っててもできるので夜にまわし)、昼のその時間を勉強時間にあてる。
とこだけが違う。
という・・・
いつもとあまり変わらない生活ペースだったせいか、ストレスはなかったなー。
(数日前とかいわゆる「試験直前」は、さすがに焦ったけど、それでも心地いいストレス程度だったかな。)

勉強してるときは、科目によっちゃおもしろくて、「ボケ防止になってるなってる♪」とホクホクすることもあったな。
ま、自分の得意分野というのはえてして試験に出ないもんだが(‥;)
[PR]
by gura_ss | 2006-10-17 00:02 | 資格(死格?)

元気だった

先日、「一人暮らしらしいおばちゃんに、炎天下の中つかまってエンドレスにハナシを聞かされ、危うく、買い物した肉を腐らせるとこだったが、最近その人を見かけないので気になる。」というハナシ(詳細)を書いたが。

見かけた。

うちの前の道路は、かなり狭い。
一応、中央車線はあるけど、普通自動車でギリギリ。
大型トラックなんぞ、中央車線はみだして走ってるし。
引っ越したての頃のうちの車は、サーフだったので私はおっかなびっくり運転してたぐらい。
そんな狭い車道をどうどうとちゃりんこで走ってたのだ、そのおばちゃん。
しかも、車の走行方向に沿うならまだ許せるけど、思いっきり逆走してたし。
(このあたりじゃ)
そんなヤツおらへんがなーチッチキチー(大木こだまふう)
命知らずだー。さすがだ。

ま、無事で元気でよかったよ。

ちなみに、そのときも目が合ってしまったが、そのとき私はユウナを連れてなくて単身だったせいか、「興味なし」という感じですぐ目をそらされてしもた。
炎天下の中、ひきとめたあのママとは思ってないらしい。多分、ひきとめたことさえ覚えてないだろうな。
そのばの会話を楽しむのが目的であって、近所の人を覚えて友達になろうという目的じゃないだろうし、覚えてなくて当然か。
覚えられると面倒だからそれでいいんだけど(^^;;
[PR]
by gura_ss | 2006-10-13 00:01 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧