<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

旅記録.vol2

相変わらず、飲んでるが、なぜ最近、腹がでてきたか、気づいた。
ツマミがあるからだ。
今まではツマミなしで飲んでたから、大した運動せずともGパンはきつくなかった。
がしかし!
九州みやげがまだたくさんあるのだ。

それに輪をかけて
旅行続きで、家事・炊事を怠り、箱根ではたいそうなご馳走。
キャンプではテキトーに網で焼いて飲んで食べ。
九州でも、(親戚が出してくれたもの)残したら失礼だ精神からいつもの私ではありえないぐらい、食べた。

九州から帰ってきたとき、ダンナ、私を見るなり「家、間違えたかと思った。どこのデブかと思ったよ」と。第一声。
もう、私たちは、互いに興味なく、「オワッテル夫婦」だと思っていたけど、相手の変化に気づくとはおぬしもやるなぁ~。と妙に感心。
確かに私は九州に行ったたったの4泊で見事に3キロ太ったさ。
すばらしい!3キロ増をみぬけるなんて。

とかとか思いながら、たんまりもらった九州みやげの1つ。
国東珍味という、いわゆるさけのつまみ。
あさりの身をひとまわり大きくしたような貝そのものが乾燥してあり、いい味付けがしてる。

そして、裏をみれば
「原料名:バカ貝、保存料(ソルビン酸カリウム)、甘味料・・・・」と続く。

ばっばっバカ貝?!?!

これ、食べたらバカになるってこと?!?!

でもな~「死貝」って言葉は聞いたことない。
でも、食べたら死ぬ貝ってたくさんあるよな。

ってことは・・・
バカ貝は食べてもバカになるとはいってないな。

寅さんふうに言えば
「よっ!タコ社長!相変わらずバカかい?」みたいなノリかもしらん。

それに、もし「ボケ貝」と書いてあれば、異様に震え上がったかもしれないけど。
ボケの恐ろしさを身近に何例も見てきただけに。
「バカ貝」と「ボケ貝」の二者択一ならバカ貝を選ぶな~。

って、これら貝は実はバカじゃないだろうに、人間が勝手にに命名した、バカ貝って・・・貝にあやまれ~。

と、今日も一人、酒とつまみをみつめながら妄想炸裂です。
ちなみに「バカ貝」は本当に書いてあり、決して妄想じゃないっす。
写真とろうにも、手元がふるえて撮れんので今宵も文章だけで信じてちょんまげ。

さて、旅日記続き
9/14(月)
またまた親戚の家に寄り、民宿ができるんじゃないかというぐらいのすごい広い家。
屋根もかわらだし、なんかちょいとした城みたいじゃん!
テンションあがったユウナ、走り回って段差でこけて足の爪をはがしかける。
あらら~。
午後からハーモニーランド。
爪をはがして、テンションさがったにもかかわらず、見ればいきなりテンションアップ。
ピューロランドの姉妹ランドってな感じで。
アトラクション、かぶるものも多々あり。
それは事前にチェック済みなのでとばす。
ピューロランドになくてハーモニーランドにあるものがたくさんあったのでそこをメインに。
たとえば。
観覧車。
早速、乗り込んだが、牛が見える。

えええええ!
ドリームランドである、ハーモニーランド・・・近くで放牧かい!
おもしろかった。

などなど、閉園終了ギリギリまで遊ぶ。

その後、親戚が夕飯を誘ってくれたけど、いずれも犬を飼ってるお宅ばかり。
ユウナの犬嫌いは有名になったが、イナカで犬も猫も飼ってない親戚もほとんどいなく。

「ごめんなさい。ぜひぜひ○○おばさんとこのご飯食べたいんですけど、ユウナ、犬がダメだから・・・。で、ワンちゃんとじこめたりつないだりしてストレスかけるの申し訳ないので、今日は私たち駅に出てそのへんの店で食べます。(実はぐるなびでクーポン券も印刷しちゃったしぃ~)」と、丁重にお断りして、別府駅の居酒屋へくりだす。
私たちは普通に2キロは歩けるので、別府駅まで歩こうと試みたが、標識みたら別府駅まで4キロって書いてある。ずるっとな。
イナカのバスの「2~3駅はこっちと大違い」と改めて実感。
結局、別府湾沿いのなんとかって停留所まで歩いたのち、バスにのるというかなり中途半端な技をし、7時近くに別府駅近くの目当ての居酒屋へ到着。
その居酒屋にあるいけすにくいつく、ユウナと私。
バカまるだし?!

そして、私は魚系、つまみに舌鼓。

ま、大人一人だからあまりたくさんの種類も頼めなかったけど(食べきれないともったいないから)
それなりに充実。
ユウナにも「きのこぞうすい」頼んだけど、日頃、食の細い子にしてはよく食べたと思う。

そのまま別府タワーに登ってのんびり9時ごろ、かえる。

これ、親戚ん家に泊めてもらってたら・・・こんな自由気ままなことできなかったな~。
「あんた、5歳の子連れて何しちょるん!!!」と怒られるだろうさ。
もっとも、川崎で暮らしてる今、たしかに9時前後にユウナをつれ歩かないな。
旅に出たとき限定の「プチ夜遊び」

9/15(火)
湯布院目当て
○志高
  →こいにエサをやり、その後、はくちょうに乗ってひたすらこぐ。かなりいい運動だ。ふつうに白鳥だとの鳥系がはくちょうの乗り物に寄ってくるからおもしろかった。
○由布岳
  →なぜか、「阿蘇国立公園」という看板が目にはいり、「熊本、近いんですか?」とバカな質問をしてあきれられる。あの緑の看板はなんだったんだろ?
それはさておき、由布岳の見晴らしはよかった~。
湯布院も車でざーっととおりすがったけど、多分一軒ずつ見たらかなりおもしろいと思う。
原宿をもうちょっと高齢化したような感じだろうか?巣鴨までいかないけど。

○昼
  →だんご汁。
 大根・にんじんなどの野菜にほうとうみたいな小麦粉原料のもの、味噌ベース。
 関東でいえば、豚汁の、豚肉なしでそのかわりほうとうってな感じ。
 ついてくる薬味は「七味」が定番だと思ってたのに、いきなり「ゆずこしょう」かい!
 でも、結局、お店の人に「七味ください」と頼めばすんなりもらえることも判明。

○九重
  →日本一、長くて高い橋 らしい。
わたってみた。

夕方。
本当は泊めてもらうハズだった家、やはり犬を飼っていたため、急遽、旅館をとってくれた。
部屋に露天風呂つきーの。
夕飯は部屋だしーの。
おおお!

その家に泊まれないのはうちの都合なのに、その親戚の家でお金出してくれるってことなんで、(親世代の年齢だし)あまえることにした。
ユウナも大満足で・・・。
温泉に2時間もはいるし。
お湯を舐めまくって、フロによって味が違うとか騒ぎながら味くらべするバカ母娘(こっちはしょっぱいけど、こっちは味がない)などなど。
そんなバカ母娘の会話をきいていたおばちゃん4人組の旅行者。
同じようにお湯、舐め大会をやっていた。
「こっちはからいけど、こっちはからくない」と。

関東の人間なら「しょっぱい・しょっぱくない」と言う(と思うが)
その人たちは「からい・からくない」と言っていたから、関東仲間じゃないな・・・と判断。
やはり彼女たちも私たちがよそ者だとすぐわかったらしい。
でも、ユウナが、その人たちの孫と同じぐらいだったみたく、だいぶ仲良くなった。

まず、あいさつがわりの第一声。
「どこから来たの?」と聞かれた。
「神奈川です」って答えてるのに、
「四国からきたんだぁ~?」と返事される。
香川じゃねーよ!
それで、こちらは結局、どこから来たのか聞く気もなくなり。
へらへら笑いながら手をひらひらする。
ま、そんなもんだ。

そのおばちゃんたちとは、実は部屋が隣だったし、翌日のチェックアウトでも遭遇するわ。
なんかしらの縁があったんだろか?

9/16(水)
いよいよ、大分最後の日。
午後の便で帰るので、その高級旅館から再びボケおばちゃんの家に移動。
早めの昼ご飯をご馳走になる。
そして、ボケてないけど、足腰弱ってきた100歳近いおじ
そして、ボケまくってるけど、足腰元気な90歳すぎのおば(私と血のつながりあり)
が一緒に空港まで車に乗って送ってくれた。(というか、60代のいとこのはからいに感謝)
本当に本当に嬉しかった。
もう会えないだろうな・・・って心のどこかで覚悟してただけに、空港まで合計200歳近い老夫婦が・・・。
何か、ベラベラしゃべるわけでもなく。ただ同じ空間にいる。
そして、おばはユウナに「ここへおいで」とひざにのせて、一緒にクレヨンいじったり、風船さわったり・・・。
お互い、どこまで分かってるのか、私にははかりしれないが・・・
なんてことのない、あの空間。
私も将来、どんだけボケてもあの光景は多分、忘れない。
っつか、思い出すことができるような気がする。

そして、夕方、予定どおり、羽田着。
ヤレヤレ現実に戻ったか。

って、戻ってないじゃん!

やはり、イナカの親戚、カボスだのお菓子だのいりこだのしいたけだの栗だの・・・わんさかわんさ、おみやげもたしてくれた。
ので、行きより荷物増えてるし。
羽田から宅配みたいのもできるけど、仕分けしてないし。
なまものは当日中に持ちかえらなきゃいけないから。
どっちかってーと、洗濯物を送るべ。と思うも、キャリーバッグを羽田であける勇気もなく、
「もし私が、タコやイカだったら・・・もっと楽勝で荷物もてたのに・・・・」と、自分には腕が二本しかないことをうらみつつヨレヨレしてたら、ユウナが黙ってキャリーバックをひいてくれた。
あんな、小さな体で・・・というかキャリーバックと同じぐらいの大きさだってのに。
またまた、「ユウナがやってあげるぅ~」とか恩着せがましいことを一切言わず黙ってやってくれることに、「ママと性格が似てるからかわいい」と思ってしまった。
なんて、私の荷物の多さに関わらずユウナはただ単にキャリーバックをひいてみたかっただけ?!

九州の旅、記録。

以上

続いて、群馬のキャンプネタか~。
予告しとかないと次に書くネタも思い出せない・・・あぁ情けない。
[PR]
by gura_ss | 2009-09-30 00:23 | 内容はないよ~

旅記録 vol.1

さっき、TVを見てて、歴代総理を思い出すってな問題が出てる番組があった。

さすがに前総理は?で「麻生たろう」は分かったけど、もう私はその前、思い出せない。

ゲッ!

正解を見たら、そーいや、そーじゃん。

残念ながら中曽根さん以前は、なんか名前はきいたことあるかもだけど、顔写真みてもイマイチぴんとこなかったが・・・。

どうしてたった2年前のふくださんが思い出せなかったのか。

本当にヤバイ。

だから、断片的でいいから、今回の旅ざんまいを記録しよう。
きっと、来月には、旅行のこと思い出せなくなるハズだし、もしかしたら旅行いったことさえ忘れてるかもだから。

9/12(土)
大分へ出発。
9時代出発の飛行機のため、7時代にかなりバタバタして家をでる。
そんなにバタついたにも関わらず。
飛行機、直前(15分ぐらい前)にいきなり搭乗口をかえられる。
どうやら、エンジンに鳥がまきこまれたエンジントラブルのため、急遽、違う飛行機に替えるらしい。

鳥っつたって、すずめかからすでしょー?そんなに小さい鳥のため、その飛行機での運行、たかだか一時間ちょいなのに、やめちゃうなんて、飛行機はそんだけ精密機械なんだか、JALが丁寧なんだか。

鳥のひき肉ができれば、鍋、うまい季節になったな~。とか考えながらも、
不本意に命を落とした鳥に冥福を祈った。
きっと、その鳥も家族がいたハズだ。人間のエゴでスマン。
と思いながら、その逆も考え。

鳥のせいでエンジントラブルで墜落したとしたら・・・私一人なら、いいにしても、ユウナも一緒なんだから、ユウナの命まで奪われてしまったらダンナとダンナの家族(っつか親と弟)に申し訳ない。
だから、それだけ慎重な対応してもらえるのはありがたい。

そして、替わった搭乗口からバスにゆられる。
てっきり第一ターミナルから第二ターミナルに2~3分の移動だろうぐらいに思ってたら、とんでもない。
一般道にフツーに出て10分以上はしったな。
なんじゃ、ここぉ~!!!
整備工場みたいなとこじゃん!
しかも、JASもJALもいりまじってるし、福岡にいくなんとかっていう黒っぽい飛行機もあるし。
しかし、当日、かなりの土砂降り、そんな光景のなか、ぽつぽつ停まってる別会社の飛行機に裏寒さを覚え、一緒に行ってたオバは「やだ~、こわいわ~やめてよ~。何度も大分に帰ってるけど、こんなこと初めてよ~」とかなり不安そう。

私も「こわいですよね、無事につけるといいいですけど」とかとか言いながら、実はワクワク。

飛行機の整備工場なんてドラマでしか見たことないぞ。
きむたく と しばざきこうと かなめじゅんの顔が思い浮かび、んと、あのドラマなんだっけ?
もしかしてここでロケしたんだろうか?
と、ミーハー根性まるだしでカメラをかまえそうになったが、スパイと間違えられて撃ち殺されてもたまらんので撮るのやめた小心者。

20分ぐらいの遅れはあったものの、
特に問題なく、大分へ着陸。

あいにくの雨。

今回の目的であった、法事も滞りなく終わる。

私は父の法事でしか、お寺さんのハナシをちゃんと聞いてたことないけど、だいぶ違うな。こっちとは。

大分のそのお寺さんは、父と同級生。
父の兄の法事であったにもかかわらず、父の名前がバシバシでてきた。
そして、そのお寺さんは80歳すぎてるのに、元気いっぱい。
「たばこをやめられん。健康のためってたばこをやめたらストレスたまって他の病気になる」と、私たち従兄弟会の中で堂々宣言。

・・・?そのセリフどっかできいたぞ。

なんかおもしろーい。

父の法事のお寺さん(八王子市)も、とてもいい法話してくれるけどやっぱり違うわな。
どっちも興味深い内容だけど。
そして、いとこ一同、飲んだくれ宴会。

一応、いとこといえども、みんな60代とかで親に近い世代。
やはり、ぶりっ子するわけでもないが、本領発揮でバカバカ飲むわけにもいかず。
法事の主催者が酒代負担するからな。いくらいとこといえども遠慮するわ。
つがれれば、「いただきます」と飲むけど、
やはりメインは飲むことでなく、
久しぶり(というかもう二度と会うことのないいとこだっているし、と思い、席を移動して近況報告情報交換に努めたりしてるうちに時間たってたりした。

ってなわけで中途半端に飲んだため、案の定、宿について夜中にごそごそ、また飲み始める。
500のあき缶が数本転がった状態でいつのまにか寝てた。

9/13(日)
「ママ、起きてよ」という声で目がさめる。
ユウナのほうが先に起きるなんてどんだけぇ~
と思って時計見ると9:30
あらま!
大変!
うみたまご(水族館)に遊びにつれていってあげるって言いながら出遅れじゃん!
午後は親戚んとこにお呼ばれなんだから。
と慌てて出発。
バス時刻も調べずバス停に出向いたため、けっこう待った。
うみたまごへ行くには「大分駅」行きに乗らなければならなかったが、
待てど待てど「別府駅」行きのバスしか来ず、数台見送った。
「もしかして、私、バス停間違えてるのかも」と自信をなくし、別府駅行きバスに乗り、数駅走った後、後ろ、みると「大分駅」行きいるし。
やられた・・・。
あと3分待てばこれに乗れたのに・・・。

と、後悔したものの、気づけば昼時。
下手にうみたまごに着いて食事できるとこない(あっても、高いかマズイ)だったらヤダな~と思い、別府駅のちょい前で降りてスパゲティを食べた。
そして、うまいあんばいでバスがきて(っつか、時刻表、写メとったよ、今度ばかりは)に合わせて。
水族館到着j。

将来の夢は「さかなくん(魚博士)」じゃないかと思えるぐらいお魚マニアのユウナは、ハイテンション&おたけびあげながら走り回る。
そして、どの水族館にいっても一番くいつく、くらげ。
確かに幻想的できれいだよな、刺されたらいたそうだけど。

そして、いるかのショウでたっぷり水をかけられ。
セイウチには無関心。

ハッキリしてるな~。

そして、迷子になったユウナ。

親戚の家にいくっちゅうに
「すみません、ユウナ迷子になったのでこれから探すから遅れます」電話をいれ。

やっと探し出した。
まさかの水槽の前で座ってたよ。
泣いてなかったし、誘拐されてなくて、私、安心したけど。

そして、親戚の家に着く。

完全にボケてしまった叔母。

私に向かって
おば「あんた、誰じゃ?」からはじまり、
わ「あんたの弟・しゅんの娘じゃ。顔、似ちょるやろ?」
お「ほう!しゅんちゃんか!」
わ「うん」
お「んで、しゅんちゃん、どこにおるん?」

私、かたまる。
これはとっくに死んでるって言えば、ショックを受けるんだろか?
言っていいんだろうか?
と、小さい脳みそで考えてると、すかさず、いとこ(叔母の娘)がフォローしてくれる。

「しゅんおじちゃん、今日はおらんよ」
おば「あ、そーかい」
で、流れ、ユウナの手をひいて
「今日、遠足だからな、このお菓子もってこーな」とお土産の菓子折りをかかえて家のなかをぐるぐるまわる。
ずるっとな。

最後、私を含め姪たちにむかって
「奥さん」と声をかけまくるおば。

なんだか、ホッとした。
子供からしたら、「情けない」らしいけど。
90歳過ぎてても、顔色もいいし、元気いっぱいだし。
(一番苦しいといわれる)まだらボケを脱したのかなんか、幸い、ダンナさん(おじ・100歳近い)も元気で全然ボケてないし。
そんなダンナさんに向かって「あんた、誰じゃ」って日もあるらしいけど、基本甘えてるようなとこが見えて、かわいかった、90歳すぎの叔母。
全てから解放されて、楽しそうでよかった。
もし、もう会えなくても悔いはない。

ユウナも一般的に認知症のお年寄りを怖がるのかと思えば、その叔母を怖がるどころか、一緒に歌ったり、踊ったり、寝転がったり・・・ちょっと気を使ってるような感じもしたけど、少なくとも嫌がってなかった。
血なんだろか?


んと、そーいや、明日から幼稚園で弁当作りか。
とりあえず、今日はこんなとこで。
明日、まだブログかけるほど元気に生きていれば、9/14からの旅、断片的に思い出せるだけ書こう。
じゃ、おやすみ
[PR]
by gura_ss | 2009-09-28 00:43 | 内容はないよ~

とりあえず生きてます

やっと九州から帰ってきたが・・・。

法事ついでに、親戚めぐり・お墓参り・観光・でなにげにハードスケジュール。
足に自信がある私とユウナはついつい散歩がてら駅まで歩こうとしてふと標識みると4キロあるし・・・。
「私ら親子は2キロが限界じゃ!なんで最寄り駅が4キロ先じゃー!!!」
などなどカルチャーショックをうけながら、
ブログで写真掲載しようとおもしろ(観光)写真を撮ってきた
にもかかわらず、
なんもできん。

旅行ってこんなに疲れるんだ・・・。

母娘二人旅、初ということもあって、ユウナの良さに気づいた反面、
むかつくことも・・・所詮幼児といえどもいろいろ女同士という目線も・・・
そんな新発見&珍道中で楽しかったんだけど。

立ち止まる暇もなく、
またまた明日、群馬にキャンプしに旅立ち、
帰ってきて一日おいて、
箱根の温泉にいき・・・

の予定。
予定ってつまるときはつまるな~。
あ~、のんびりブログだなんだやってる場合じゃない。
準備&計画しなきゃ。

でも・・・やはり私は歳とった。
さきおととい、九州からかえってきたにも関わらず、たびの疲れがあとをひいている。
だから、次の準備できないので現実逃避で漫画読んで、酒のんで、寝て、気がむきゃPCいじってる。
ダメだ、こりゃ。

多分、昼近くまでがっつり眠れば1~2日ぐらいで疲れがとれるんだろう。
だから、こんなダメ生活をおくらないハズ。
じゃ、寝りゃいいじゃん といわれそうだけど、

歳をとった今の私、早朝に目がさめてしまう。

なぜ!AM9:30に目がさめてしまんだ!

せめて、AM10時じゃないんだ!!!

若い頃は眠りこけて、目が覚めたら夕方だった・・・
20時間も眠ってたんか!!!

なんてザラだったのに。

あ~、ダメだ。
頭いたい。

もう休もう。

とりあえず、飛行機が墜落することもなく、無事、川崎に帰ってきてます、報告ですわ。
[PR]
by gura_ss | 2009-09-20 00:48 | 内容はないよ~

イラついたこと2~3件だけど、オチも概要もわすれちまった。

今日は愚痴愚痴グッチーだから、愚痴が嫌いな人は読まないほういいと思う。

基本、、明後日、いよいよ念願かなって九州にユウナを連れていくことになった。

ま、身内もいろいろあるけど、さっき夕方、近所のかなーりヒジョーシキなバカ女が(犯罪のかたぼうかつげ みたいな)バカな相談してきたので、「それはできん」これこれこーゆー理由だから と散々説明し、バトるにもなったけど理解されず、押し付けられ、腕力でかなわなく(負けたカタチになった)私が腹をたて、ブログを書く気になった。ちなみに私、犯罪おかしてません。
そのヒジョーシキバカ女については、語る価値もなく、関わるだけで私も同レベルまで落ちることになり、それは人間としておしまいな気がするので・・・ここで筆をおく。
バカとかかわるとバカがうつるからな。

と思いながら、さらにストレスのもと。
九州帰省問題で・・・楽しみ半分、めんどくさ半分・・・でさらにいらついたこと2点。

大分(の父)と宮城(母)のハーフである私は充分、九州の血があり、

酒ラブ で
皮膚 黒 で
すね毛と腕毛と指毛 濃 
でも 髪、若干うすめ?!などなど
それなりに血をひいてるけど。

そりゃ、うちの血をひいたいとこN。嫁に迷惑かけたけどさ・・・

今回法事する主催のいとこNの嫁
「うちの夫(父の甥)と、舅(父の兄)と、あんたのパパ(父)は○○家、サイテイ三バカオトコ」からはじまって・・・
(根拠のない)悪口ざんまい。
なんで私が父の悪口を、血のつながりのない人間にここまで言われなければならん?
そりゃ、(父の兄の子である、私の)いとこNだって悪いさ・・・中国に愛人を作って子供までうませ・・・

女同士ということなら、そりゃ、わかる。
身内(関係ないとわかりつつも)憎くなってあたるのはとっても分かる

でもなー、
中国人じゃなくて台湾人だったら私も愛人つくるかもな、思いっきり年下のさ。
とギャグを言う雰囲気でもなく・・・

それはおいといて、
父の悪口言う、おば(っつか従兄弟Nの嫁)
女同士ではたしかにハナシわかるけどさ・・・・でも、私は父の娘じゃ!
誰にむかって私の父の悪口いってんじゃん、コラー!
テキな意識が先立ち、さらによく考えれば
あんたの長男、私と同い年じゃーん!
自分の子供と同い年の女にあたるなやー!

と思ったら、かわいそうになった。

もういいや、私の中では、この人、キッた。

そして、第二段。
明後日、帰省にするにあたり、私のオバ(父の姉・多分90歳こえてる)に会いたくて、何曜日の何時なら都合いいかなどなど、2回ぐらい電話してるのに・・・
いとこKの嫁が電話に出て
「あ、ばあちゃん、どうせ誰と会ってもわからんから」・・・要するに私と会っても姪だって認識できないから
「じいちゃんと会うだけでいいでしょ?」と斬られる。

っつか、あんた、うちの血筋の嫁じゃろ、負けるか!
と思い、
40年近く年上の人にむかって
「えー、おばちゃんが私のことわからなくても、私はおばちゃんのことわかるから、ひとめ、会いたいなー。」
と、抵抗してみた。

フツーに考えれば、おいさきみじかいこの労人に身内尋ねてきてるんだから、あわせてあげよう!
ってフツーは思うと思うんだけど、
結局、そのいとこKの嫁は介護疲れしてるだけのような気がした。
いろいろ話してみたら・・・。

はじめて、そのKいとこの嫁が
「あんた、泊まるとこどーすんの?」みたいなハナシをしてくいた。ぶっちゃけ嬉しかった。
ちょっと前(20年ぐらい前)に帰省したときは、私ら一家が泊まるとこめぐって親戚バトルだったってのに今みんなかわってしまったのは電話だけで分かった。
ひとつは父がいなくなり、母も機能しなくなったこと。
そして、自分たちも介護やらそして自分が生きるだけで精一杯な年齢になったこと。

「ほんとは泊まっていきなって言いたいんだけど・・・」とK嫁は案の定言うんで、また聞くにしのびないし、で
テキトーなとことで
「ええ、わかってますよ。○○も・・・・・・・」
と関東にいても認知症発症した叔父・オバの様子や、うちの両親の・・・
例を出し、「前とは状況かわってるのはよくわかるんで何とも思わないし、こちらもそのつもりで宿おさえてるし、何も気にしないでください」と言いながら笑っておいたけど、
だから、認知症かかえた家族の苦悩・・・そして将来の私の姿で怖いんじゃ!
的、オーラを出し、なんとか叔母にも会えるよう、ハナシをつけた。

確かに認知症で夜中も吠えまくってる叔母に辟易してるのはわかる。
だから、ちょっと前なら泊まってきー泊まってきーとしつこいぐらい言えたのに、今じゃそれが言えないのも察するよ、バカじゃないから、私も。

でも

「どうせ、ばあちゃん(あんたと会ったって誰か分からないんだから)あんたと会わなくてもええじゃろ」って・・・。

なんだ?そりゃ?

やっぱり、嫁として、姑の介護をせざるをえなくなった人間って・・・血のつながりのある姪っ子にもそんな無神経なこと言える ぐらい 余裕なくなるのかなー。

と思った瞬間。

そして、私も姪っ子にそんなイヤな思いさせまいとがんばる!!!
でも、うちは姪っ子いないや、ワハハ
そして、もし姪っ子ができる日がきたとしても、そんなイヤな思いをさせちゃいかん と 勉強になったわさー。

実は、今日昼からバンバン飲んでて、ハナシてきに構成できてないのはよくわかるんだけど、自慢の視力も二重に見えてきて読む力もなくなったんで、このへんで一発更新しときけど・・・
数日後、かなり修正はいります。すまん!おやすみ

一人っ子のように見えても、ユウナも私も救われてるんだなー。
[PR]
by gura_ss | 2009-09-10 01:30 | 内容はないよ~

台風の中の台場

始業式を明日に控え、宿題かたづけに追われ、さっき終わって一安心。
「思い出の写真」を貼る欄があり、それをプリントするため、午前中、やっと選択した写真をいれたUSBメモリをにぎりしめあちこちの店を走り回り、即プリントできることを望んだが、結局、どこもダメで我が家のプリンターで印刷しごまかす。
そして、親のコメント欄もブログのノリで数分でかたづけ、
色ぬりはユウナに40日間分まとめてぬらせる。
といっても幼児の集中力はたかが知れているので10日分ずつ4回にわけてだ。

本当は、その宿題とは、「おやくそく表」というもので、
おやくそくごとを決めて守れた日は色を塗る。守れなければ塗らない という趣旨のもの。

が、提出日明日となった今、趣旨なんかどうでもよくて、
とりあえず、全部ぬらせて、そのあとで、私がテキトーに(簡単に守れそうな)約束事をでっちあげて書きこんだ。

来年の夏休みこそは、まじめにやらせよう と誓う私。

そんなこんなで一段落して、いつもどおり酒すすみながら、台風の2日前を思い出す。

ユウナははねとび大好きで、特にあぶちゃんファン。
はねとびを見ては、「ゆうな、おだいば、あぶちゃんち いく」と騒ぐ。
あぶちゃんち ではないけど、はねとびブースに行きたいんだろうな。

あまりにしつこいので、連れていかないときっと一生恨まれる・・・と思いながらあっという間に夏休みが終わり、気づけば31日(最終日)しか、暇な日がなかった。

でも、31日のTVは朝から台風情報ばかりで、いつも10時ちょいまえにフジテレビで見ている天気予報のあまたつが、お台場から強風にあおられながら中継してるし、まわりも閑散とした様子を見つつも。
「きっと、私たちが行ったころは晴れるに違いない」という根拠のない自信のもと、11時ちょいまえに家を出発し、電車でユウナと二人でお台場へ向かった。

新橋駅では
「ガンダムのイベント、悪天候のため中止です」との案内がゆりかもめ乗り場に掲示されてるし。
なんだよ、そのイベント見れるなら「燃え上がれ~♪」ぐらい熱唱してあげたのに。
特別ガンダムファンでもないけど、見れないとなるとなんか悔しい気分になる。
まいっか。あの巨大なガンダムが強風で倒れてきて、その下敷きになんかなった日にゃ・・・。

「川崎市のバカな母娘、台風まっただなか、お台場へ出向き、ウリのひとつである巨大ガンダムを仰ぐ。
しかし、ガンダムイベントに夢中になり、強風のため巨大ガンダムが倒れてくることに気づかず逃げ遅れた。
下敷きになった結果死亡。
母親はガンダム世代であり、「ヒーロー」的存在だったガンダムに命を奪われる皮肉な結果となった。
さよならマチルダさん!
偶然にも母親がやっていたブログのハンドルネームは「マチルダ」だった」って新聞ネタになっても困る。

って、私のブログ上での名前は、「マチルダ」じゃなくて、「ぐら」だ。
しかも、私の「ヒーロー」はガンダムじゃなくて「デビルマン」だ。
いかんいかん、妄想、とびすぎ。

そんなとびすぎた妄想と戦いながら、ゆりかもめに乗った。

そして、ゆりかもめ発車したとたん、妄想ふっとび、珍しい景色に目を奪われる。
宙を浮いてるような・・・モノレールみたーい♪
そして、カーブしながら道路と並行して走る。ワンダホー!
晴れてたらもっとワンダホー!

そう!晴れるどころか、荒波ザブーン!
天候、サイアクじゃん。
「もしかして今日来たの失敗?」と初めて気づく。

お台場って、テレビ局があるとこだから、新宿みたく高層ビルが立ち並んだとこかと思ってたよ、だから台風に負ける街とは思っていなかったが、
お台場って・・・単なる海辺?湾のまわり?とりあえずみずまわりじゃん?

風つめたっ!風つよっ!雨、上からじゃなくて横からふきつけじゃん!
台風きたら、完全に負けるじゃん。

案の定、台場駅降りてみると、
なんじゃ?この風?暴風雨!!!

ビビる私とユウナ。

そして、お台場王国に着くまでに、骨折して無残に安楽死させられた傘の遺体が山積みになっている姿に何度もでくわす。
そして、私のブランドのお気に入りの傘も一発でその「傘の墓」行きとなった。
ガーン!!!
ビニール傘もってくりゃよかった。

傘はちょっとオシャレなものを持っていってしまったが服装は・・・。
乗り換え都合上、表参道とかオシャレなイメージの駅を通過するからできれば傘同様、オシャレしたかったけど、念のため、やぼったいレインスーツ着込んで長靴はいていった。
それは、正解だった。
ユウナもレインコートに長靴だが、長靴の中に水はいりまくってたらしい。

そんなこんなで、山~も嵐も~ふ~みこ~え~て~♪
やっとたどり着いたお台場王国。

やはり、こんな台風でも遊びに行くバカ者(←?当日行った人、ごめんなさい) は、かなり少なく、かなり閑散としてる。
あまりみかけない客とでくわせば・・・会話もよく聞けば、日本人じゃないし。
そっか、海外からの観光なら台風でも予定決行だよな~。

ま、いいや。
交通費も入園料もバカにならないんだから、とことん、楽しんじゃおう!

とゲートをくぐると、ステージにひとだかり。
なのが目につく。

親子でジャンプしながらステージを見ると、ナント!

芸能人じゃん!

わ「ユウナ、みてみて、あのおにいさんたち、TVに出てるよ。なんだっけ?」
ユ「しゅうちしん だよ、ママ」
わ「羞恥心って3人だよね?2人しかいなから違うんじゃない?あ、でも、確かに羞恥心のメンバー、一人いるね。あの右のおにいさんだよね。かみじゆうすけだっけ?んで、左は(ヘキサゴンで慶応大卒ってことは知ってるんだけど)名前わからないなー。でも細くてきれいなお兄さんだね。」
ユ「しゅうちしんだよ」
わ「あ、モニターみるとフレンズって書いてあるよ。羞恥心じゃなくて、フレンズっていうんだよ、きっと。」

親子でかなりトンチンカンな会話。
あとでネットで調べれば
フレンズ・・・つるの剛士&崎本大海 だそうだ。
つるの剛士をかみじゆうすけと間違えるわ、崎本大海の名前は全然覚えてないのに、顔と出身大学だけ覚えてるという・・・なんか違うだろ。

ま、そんなおバカ会話した母娘はそそくさと去り、おめあてのはねとびブースへ。
ちょうどお昼時だったのに女芸人の勝負メシエリアもわりとすいてたので食事しようと思ったが。
あぶちゃんファンのユウナはもちろん、あぶちゃんのオムライス希望。
うーん・・・。でも見るからに卵かたそうだし、もしかしたらママが作るオムライスのほうがおいしいかもよ~とか思いながらも、私もメニューチェックすると・・・。
どれひとつとしてそそられるものがない。
やっぱり、私は年寄りになったんだろか?30代の若者が作るメニューにときめかない。
ふと、目にとまったのがエドはるみの(業績不振により)販売中止になったロールキャベツ。
販売されてないとなるとむしょうに食べたくなり、それがかなわないなら、いらない。という・・・
結局、自分が食べたいものないから女芸人の勝負メシは却下。
という身勝手ハハ。

結局、お昼ご飯は、
飲食店混雑を予測して、念のため買っておいたコンビニおにぎりを雨宿りしながらもくもくと食べてすます。

さぁ、遊ぶぞ!

どこもすいてるのをいいことに、かたっぱしからはいりまくる。

・ネプリーグ
 ・漢字よんでうちこむゲーム。←漢字にはそこそこ自信あった私、レベル3で撃沈
 ・ドラクエきゃらのグッズ←私てきにかなり惹かれた

・すぽると
 ・スポーツテスト
 ボール投げて速度はかったり、バレーボールの要領でまとたおしたり、鉄棒ぶらさがったり。
  ※ビックリしたのがユウナが普通に鉄棒に30秒ぶらさがっていたこと。
   マイクのパフォーマンスするお兄さんも
   「おっと、すごい!自分の倍ぐらいある高さの鉄棒にぶらさがって耐えてます。
   しかも棒も太いのに小さな手でがんばってます!」
   みたいないことを言ってもりあげてくれてるし。

・はねとびの回転寿司
f0095497_2344788.jpg

 箸使いがモノをいうゲーム。回転寿司のレーンを流れる寿司(の、ろうざいく?)を箸で隣の皿に移動するゲーム。成功すればオリジナルの割り箸もらえるけど、失敗すればTV同様イス回転させられる らしい。
  ・すいてるほうへと並んだら確かに数分ではいれたけど、よく見たら倍速のほうだった。そしてレーンの動きを見ると確かにはやい。これ・・・ユウナ無理じゃん。でも、オリジナルのわり箸ほしいしな~。ここは私が箸をにぎりユウナには手をそえさせるだけにするしかないな。と、腹をくくった私の心を見透かしたかのように、マイクのパフォーマンスのお兄さんも「お母さん、うしろからお箸操作していいですよ」と言ってくれる。
そして、そのオリジナル割り箸ゲットしたので写真とりたかったが、そそくさとユウナが使ってしまったので写真ない。

・はねとびブース
f0095497_2345211.jpg

 子供向けの高飛びや鉄棒やそこそこ遊べてユウナ大満足。
 ・キックボードでどこまでいけるかは・・・そんな閑散としたお台場も30分以上は待ちそうだったからやめた。

・めちゃ畑牧場
f0095497_23432073.jpg

 ・ブタのさちこを見る
 ・芋ほりがおもしろいという噂をきいたので向かうが、あいにく「天候不良のため、イベント中止」
 ・ロデオのるべと思えば、身長120センチ以上という制限つきのため、ダメ。
 ・おかれもんアイスを食べたかったけど、長袖でもブルブル震える寒さ、ダメだ、こりゃ。

そうこうしてるうちに、夕方になり、ますます、台風ひどくなる。
私は、上半身はレインスーツだったけど、下はもっていかなかったので、Gパンをとおりこえてパンツまでびちょびちょ。
ユウナもレインコートから出た袖等びちょびちょ。

これは、帰るしかない と判断し、
ユウナにおやつとして、ポテトを食べさせてからお台場王国をあとにして駅にむかった。

が、駅への数分の道も突風にあおられ、ユウナ大泣き
「かぜ、つよくてこわいよーエーン」
竜巻きてるわけじゃあるまいし・・・泣くこたぁねーだろ!と思いながらも、
ユウナにとっては台風の中、外にいるのは初めてだから怖いのは当然か。

そして、ゆりかもめに乗り、新橋→表参道
そこから千代田線で神奈川方面にくだるにつれ、雨もやわらぎ、いつもの吸いなれた空気に一安心。

こんな計画性のない母だけど、それをそのままユウナが真似するか、反面教師にするか分からない。
けど、これはこれで楽しめた8月最後の夏休みだった。
[PR]
by gura_ss | 2009-09-03 00:08 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧