<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

掃除お化け

今年も残すとこ数日となった今もドジドジで自爆した昼。

今日、昼、スーパーに買い物に行ったらちゃりんこのキーをなくして、30分さがしても見つからず、カウンターにも届いておらず、結局、自転車(しかもパナソニックのマウンテンバイクで、タイヤもぶっといから多分、ふつーのちゃりより重い)を肩にかかえて徒歩10分の距離、千鳥足で歩く。
っつか、完全にヨッパのちゃりんこ泥棒じゃん!
シラフなのに!しかも自分のちゃりなのに!
しかも、買い物全て終わって帰ろうとしたとき気づいたから、家族の食糧たんまり(強力粉だのジュースだのリュックにいっぱいつまってるっちゅうに)
肺活量に自信のある私もさすがに息も絶え絶え。
筋肉痛は3日後にくる私もさすがに即効、背中と肩ににぶ~い痛み。きっと明日起きられない。

自業自得とはいえ、不測の事態なんだからこんなときだけでも、ダンナに車で迎えにきてもらおうと電話しても出やしない

ことに腹をたてた。

それでも昼食作りにワタワタして、「インスタントスープぐらい自分でお湯をそそいで作って」って、カップとインスタントとお湯をダンナの目の前に出してるのに、ダンナはパスタの前に先に出した炒飯に食いつくありさま。
「ふつーさ、ご飯はみんなそろってから食べるもんだよね。こっちがパスタのほうでバタバタしてるからスープぐらい自分でお湯させって言ってるのに、それもきかずにいきなり食いはじめるか!!!頭おかしいんじゃないの!!!」

と怒鳴る私。

自分の怒鳴り声で我にかえり、完全に自転車事件のやつあたりだと確信した。
頭おかしいのはお前だ!と自分で心の中でつっこんでみたけど、あとにひくわけにもいかず、とりあえず仏頂面を続けてみる。
ダンナが休みになった途端、摩擦がおきまくる毎年。

きっと、掃除しようと意識を変えた私に、邪気が悪さしたんだ。
って、またそれかよ。(笑)

んで、昼食後、
気をとりなおして、またまた掃除本を読んでテンションをあげて、2階の掃除にとりかかる。
が、やっぱり、捨てるか捨てないか迷うものばかりが残っているありさまで。
ここは捨てる度胸をつけるため

今日、自分の体重とあまりかわらない(?)マウンテンバイクをかついで1キロ弱歩いた自分へのねぎらい

という口実のもと、早々に飲み始めて2階掃除にとりかかる。
BGMはもちろん、懐メロ。
完璧に歌えるテレサテンシリーズ。で、すっかり機嫌が直る私。
単純な脳みその持ち主に生まれてきてよかったよ。

で、捨てるか捨てないか迷うものといえば・・・。

通信簿はとっくに捨てた。
成績もぱっとしなければ、先生のコメント。
担任、みんな違うのに、共通している

「やる気になればかなりできる子なのに、そのやる気のなさがもったいないです」みたいな・・・。

たとえ、本当に私が「やればできる子」だったとしても、やる気がなけりゃ「できない子」と同じなんだよ。
結果が全てだ という大人の世界を早く教えてやれよ。

とかとか毒づきながら、とっとと捨てる通信簿たち。

一方、自分の記憶の中の自分は
「算数(数学)だけはよくできて、あと作文だけはうまかった地味な女の子」というイメージがあった。
だからこそ、通信簿は早々に捨てても作文は捨てていなかった。
この前ちょっと時間ができたので読んでみたら・・・

ひどっ
ひどすぎる!
全然、作文うまくないし。
句読点の使い方めちゃくちゃだし。
読みづれーのなんの、
言いたいことはなんとなくわかるけど、技術なさすぎ。
読まされる人間、つらっ!

なのに、やさしいコメントをくれている担任の先生、すごすぎる。
こんな駄文を大量に読んでそれなりのコメントする職業なんて・・・。

というわけで私は担任の先生たちのように優しくなれず、自信あったハズの作文もすべて処分。

そして、まだまだ伏兵はいる。

浪人時代、勉強したくなくて、エッセイちっくなものをある雑誌に気まぐれで出したら載ってた雑誌。
未練がましくとってるし。

その当時の倍ぐらい年とった私が読んで、ダメなら捨てるべし。
と心を鬼にする。

って、お前、何様だよ。

ってか、掃除本によると、「過去の思い出や栄光に関連するものも捨てるべし」みたいなこと書いてあったから。
かなりすごい投稿ならとっとくけど、今の私が鼻で笑ったら捨てよう と思った。

うーん・・・、迷う。

鼻で笑うとかいうレベルでなく。
テーマの選択ミス&かなりの偏見バリバリ。
でも、文章の書き方はそれなりに洗練されてて読みやすかったけど。

もっとも、浪人生ならではの、勝手な心のゆがみ&偏見 ってのも伝わるんだけど。

やっぱり、全然おもしろくない。

これも捨てていいな~。
ポィッ!

そして、さらに伏兵。
「妊娠記録」日記もでてきた。

書き出しは

もともと私が酒を飲むことにいい顔しないダンナと結婚して、4年目。
私は遠慮することも忘れた(ふりをし)
「今日、○×に飲みにいってくるね。」と言い残し、ダンナの夕飯の支度を整え、でかけようとすると
珍しく、ダンナは「妊娠してたらどーすんだ!」とすごんだ。
私は妊娠検査薬で妊娠していないことを証明さえすれば堂々と飲みにいけると、検査薬を片手に・・・

と、物語風に日記書いてる私、
バカ?!
オチは読めると思うけど、その続き、

陽性と陰性の区別の仕方 へ続き、結局それは陽性で・・・
から物語がはじまり、ユウナの妊娠日記となるんだけど。
中盤からはエコーの写真がはりつけまくり&要所要所マーカーひいてあって「受験生のノートかよ!」と言いたくなる。

これもアホくさいから捨てようと思ったけど、将来、ユウナが結婚して子供(私の孫)を身ごもることがあるとしたら、これ読んだらけっこうおもしろいかも。
つわり と 胃潰瘍妄想 の違い とか。

と思って、捨てるのを思いとどまった。

ってな、ことしながら、結局片付かない。
でも、ビールはすすみ、
※立ち飲みバー状態で空き缶だけが転がり、片付くどころか余計散らかるよ~。(泣)
     掃除んときは、一度座ると立てなくなるから、たとえ飲みながらの掃除でも絶対座らず立ちながら飲む私。

毎年、そんなこと繰り返して、反省しながら、実は反省してないから繰り返す という・・・。

これも、健康に生きていられるからこそ、くだまいてられるだけで。
今日、自転車かついだことにより、骨折したとして、その骨折がもとに寝たきりになったとして、そしたら、明日は心臓動いてたとしても、その先・・・いろんな夢、妄想、その他諸々、見れなかっただろう。

だから、明日があるうちに掃除しよう
って、掃除お化けにとりつかれてるんだろか?
きっと、そうだ。うん。
マジメな性格に生まれたことを恨みながらも感謝しつつ、よい年をみんなで迎えたい♪
[PR]
by gura_ss | 2009-12-27 19:19 | 内容はないよ~

運をアップ&罰当たりなことはしない

今朝、TVを見ていたら、「こうじゅん」とかいうサプリ(?)のCMに♪うちら陽気なかしましむすめ~♪のあのおばちゃんがでていた。
年齢みて、ビックリ!80歳!もはや、「おばちゃん」じゃなくて「おばあちゃん」じゃん。

「これのおかげでつえをつかなくてすむようになってだの」どーたらこーたら言ってて
「こうじゅんさまのおかげだと思ってます。信じることで人間は健康に生きられます」みたいなことを言っていた。

わ「なるほどぉ~。信じる者は救われるかぁ~。じゃ、私がパワーストーンとか風水とか信じて、自分でパワーアップしたつもりになって動いてるのも、いいことなんだなぁ~、(玄関掃除して健康保ってる)とかさ。ま、人におしつけちゃいけないけどさ~」

ダ「充分おしつけてるだろが、ボケッ!」

わ「はぁ?」

ダ「毎日毎日、トイレのフタしめろってうるせーんだよ。金運が逃げるだなんだって。」

※毎日言った覚えもないが、仮に毎日言ってたとしたら、いこじになって絶対トイレのフタしめねー、てめぇが悪いんだろ!

と思いつつ

わ「だって、これは私のひとりよがりでもなく、掃除本関連には必ず書いてあるよ。著者みんな違うけど、これだけは口をそろて書いてあるんだよ。
だいたい、「トイレのふたをしめるだけで99%儲かるだか成功するだか」そんな題名の本だって出てるぐらいだよ、この前本屋でみつけたから今度読むつもりだけどさー。
それから、「成功してる企業の社長宅で共通してるのはトイレのふたがしまってること」なんだってさ。
それから、このまえケーズ電気に行ってトイレいったら「フタをしめることによって15%省エネできるので使用後はふたをしめてくださいみたいなこと」書いてあったよ。うちだって節電モードにしてあるとはいえ電気つかって便座暖めてるんだから、ふたしめるだけの簡単なことで電気代節約できるならしめようってなんでおもわないの?こがねにきたないくせに!バカか!」

と、にわか知識を一気にまくしたてて反撃。

ダ「だいたい、普段、ろくに掃除しねーくせに、年末ばかり大騒ぎして全然おわらないひどさ。たとえ、トイレのふたしめたところで、こんなきたねー家に福の神なんかこねーよ!」

わ「掃除が行き届いてないからこそ、せめてトイレのフタしめて金運だけでものがさないようにしようとしてるんじゃん!」

そうそう、トイレ掃除はやはり毎日とはいかないけど、フタをしめるだけでさっそく効果があったのだよ。
この前、久々に押入れをひっくりかえして、「ここ3年ぐらい使っていない暖房器具」、「テキトーにつっこんでいた細かいもの」などなどを大処分して、テキトーにフキフキしていると、奥からジャラジャラ音のするびんを発見。
中にはたくさんの500円玉。
ムフフ。
ダンナがかなり昔に500円玉貯金してたものだ。
小銭貯金が好きらしく、結婚した当初から不思議な人だな~と思ってみてたんだった。

私は小銭は邪魔だ派なので、スーパーで買い物しながらあらかじめ概算し、あらかじめレジでだいたいの小銭をにぎりしめ、トレイにじゃらじゃら~とぶちまけ、レジの人にどんびきされる派だ。
それから、下一桁が9円でも財布に9円あればそのまま出す。
決して¥10だして¥1の釣りをもらう派じゃない。

ま、それはさておき。

なので、年末で何かとお金がとぶ昨今でも、そのダンナの¥500玉貯金のびんのおかげで、「ヤバイ!また今月ピンチだ!何をきりつめよう!」と頭をかかえなくてすんでいる。

ワハハ、バカめぇ~、トイレのふたしめただけで、毎年の年末みたくお金のことで青ざめなくてすんでるんだよ!

とはさすがにダンナに言えず、とりあえず、ハナシを打ち切ったけど。

ちなみに、万が一、ダンナがその¥500玉貯金のビンの存在を思い出すことがあれば・・・。

「なにそれ?しらない。夢でもみてるんじゃないの?それか、もう認知症はじまった?私の親族や親の(認知症)のことバカにしてるからだよ。ミイラとりがミイラになったってかぁ~?」と、とぼけるしかない。

あ、でも、そのビン、まだ処分してない。ヤバイ。
もしも、空になったビンをみつけられてつきつけられたら・・・

「中身だけ消えた?!きっと、神隠しだよ(神隠しって人間だけじゃなくてモノにも使う言葉かどうかしらんが)。うちにいる座敷わらしは多分お金に興味ないから違うよな~。っつか人のモノ盗むようなわるさするわらしでねーしなぁ。不思議だなぁ~」
と、私ワールドに逃げ込み、呆れて去っていくのを狙うか。

っつか、まだダンナかえってこないから今のうち、ビン、バケツに移動しとこ。

一応、「財産は夫婦の共有物だ」という法律があるものの、やはりダンナが何年もの間すっかり忘れてるのをいいことに着服してるので、果たしてこれが金運効果かどうか、かなりまゆつばもんだけど・・・。

といっても、その小銭で自分のアクセサリー買ったとかなら別だけど、年末にみんなで食べるカニやクリスマスにみんなで食べるご馳走買ったりしただけだからなぁ。
悪くない悪くない。うんうん。

さて、次はお墓ネタ。

相変わらず、大掃除は2/5ぐらい残っているけど、掃除本だけはだいぶ読みまくって20冊近くなるだろうか。
掃除せずに本読んでごまかす気か?というつっこみはさておき。
んで、さっき読んでた本には
「たとえば、お店にいって、トイレで前の人が汚したまま(流さないまま)のトイレをさけて違う個室へはいるみたいなことがよくあります。でも、お墓参りで自分の墓の前にゴミが落ちていたら、自分が落としたゴミじゃなくてもそれをひろってきれいに掃除します。墓を神聖な場所だと思っているからです」

みたいなことが書いてあって急に思い出したことがある。

ちなみに、この本のこの章では、自分が汚したもんじゃなくてもきれいにすることこそが掃除するという・・・落ちてるゴミを拾うだけでもいい みたいなこと感じのまとめ。と、捉えた。
(ヨッパの頭でかなりはしょってるし、本旨とニュアンスちがってたらすんません。「お掃除デトックス」)

ダンナのほうのお墓、義父が生きていた6年前までは義父がはるばる栃木から東京の多磨霊園まで来て、掃除をしていたらしい。
が、義父が亡くなってからは(義母、足不自由だし)お墓を守るのは長男のダンナの役目となり、うちが定期的にやっているけど、はじめはやはり不慣れでだいぶてぬかりが多かった。
お彼岸(3月)から、お盆(8月)まで放置するのは大間違いだった。
お盆にいけば、自分の墓がわからないほどのジャングル。
運悪く、強烈に強い木があり、ぶどうみたいな実が生る、お墓にとっては困ったちゃんな木が根付いていてその枝は隣の墓まで侵入していた。

そーいや、うちの狭い庭の芝も5月~7月すごい成長して月に2回ぐらい芝刈りしてるよなぁ~。
と、植物の成長サイクルに気づいていなかったのだ。

お墓も少しずつ気をつけてはいたもののまだ完璧じゃなく、ある日、行ってみると、「ジャングル化しはじめるかなぁ~?」みたいなビミョーな状態だったが、墓石前を見てビックリ!その困ったちゃん植物がむざんにきられ、うちの墓前に投げ捨てられていた。
天災でなく、明らかに人工的。
ってことは、自分の陣地に侵入された隣の墓の人が怒って、切って投げ捨てたのは一目瞭然。

わ「これはひどい」

ダ「でも、怒るのは当然だよ」

わ「確かにむかつくの分かるけど、他人の墓石に向かって投げ捨てることないじゃん。自分の領域にはみだしてる枝だけ切ってそのまま処分するのがふつーでしょ」

なんてハナシをしていた昔。

そして、ここ2年ばかりの現在。

その隣の墓がいつもジャングル化していて、なんの因果か、その困ったちゃん木(ぶどうのばったもんを実らせる)がぶっとく根付いていて、見事に実っている。そして墓石はボサボサに伸びまくっている雑草たちに埋もれてる。

ちなみに、我が家のお墓はそんな投げ入れられ事件以来は、かなり気をつけて、前よりはまめに墓にいき(車で30分ぐらいだし)、除草剤をまいたり、砂利をしきなおしたり、わりと念入りに手入れしているおかげか、ジャングル化してることはまずなく、そこそこきれいになっている。(お花は枯れたままささっているけど仕方ない)。

逆転じゃん!
ぞぞーっ!

隣の墓の人・・・もしかして無縁仏になっちゃったんだろか?

天につばはけば自分にかかる というか、
たとえ見ず知らずとはいえ、よそさまのご先祖さまに対してそんな失礼なことしたからバチあたったというか、

別に、私たちは「隣の墓よ~、よごれてしまぇ~」なんてその木の種を隣の墓に投げ入れ返して植えたわけでもないし。私たちは隣に対して、恨みも何ももたず、なんとも思わなかった。
でも、もしも、自分ん家の庭にやられたら、仕返ししようとか思ってゴミを入れ返すかもだし、そこまでしなくても何かしら腹にむかむかするものをかかえたと思う。

なんだ?この違い。

失礼なことして悪霊がとりついてうちまでついてきたら怖いしぃ~。と思って、墓では変なことできないし。
最近は、「霊より、生きてる人間のほうが怖い」なんて説もあるけど、でもやっぱりお墓で変なことしたら祟られてしまうという意識が強い人は、日本人には多いと思う。
私もだ。

でも、それだけなのかなぁ~?
やっぱり、お墓とかそーいったのは神聖な場所だと思ってる ってのが本当のとこかな?

といっても、隣がジャングル化したのは霊の力でもなんでもなく、植物は切られそうになると子孫繁栄しなきゃという信号により多数の花粉をまきちらすらしいから、あのぶどうもどきの木も隣の墓に花粉まきちらしただけだろ!って言われりゃそれまでなんだけど。

すっかり、掃除も年賀状も諦め、年末気分で飲み飲み♪
[PR]
by gura_ss | 2009-12-25 20:06 | 内容はないよ~

今年もまたまた

何年も私のブログを読んでくれてる人にとっては、「このシーズン、ぐら、また同じこと書いてるよ。最近、物忘れネタ多いわりに毎年毎年、よくも同じことかけるよな~」と呆れるに違いない。
と自分でもわかってるけど、書かずにいられない。

年末、この時期、私にとっての最大のテーマが「大掃除」。

「今年のうちに大掃除が終わらない」ことをすっかり悟った私。
ダンナに「今年も終わりませんでした。中途半端な状態で年を越させてください。ごめんなさい」と頭をさげてごまかし。
私の興味がむく一点は
「来年こそは大掃除が終わって年越しできるよう」計画に目をランランさせる。
とりあえず、来年の大掃除は夏にスタートすることに決めた。

今年は10月スタートしたにも関わらず失敗。
一応、前に書いたけど、2軒分背負ってしまったというのも敗因のひとつだけど言い訳しない。
ダンナが手伝わないというのも敗因のひとつだけど、やっぱり一人で全部納得いくやり方でやりたいから他人が手伝ってくれないのはある意味ラッキーだ。

しかし、風水がらみ だの 捨てることこそ得ることだ だの 要するに掃除に結びつく本を読む時間はあり、読み漁った数、20冊近い。

確かに、いろんな意味があるんだろうけど、要するに掃除に意識が集中するから他のつまらないことに煩わされないから余計なトラブルも起きないってのが根本だと思う。

○リビングがきれいになっていれば、家族円満

リビングをきれいにするには、んと、これを配置してこれを捨てて・・・だの頭使いまくるから、他人の動作が気にならない。
たとえ、落としたお菓子を拾い食いしてるユウナを見ても、「あ、昨日、きれいに掃除したからそのぐらい食ったっていいよ。渡辺じゅんいちの「鈍感力」ではタタミのへりのわたくず食って育った人間が免疫力つくんだかなんだかでミョーに健康に生きられるって書いてたぐらいだし。」と寛容になれる。
が、
1週間ぐらい掃除機かけてなくてわたぼこりうきまくりのリビングに落ちたお菓子を拾い食いしようもんなら
「こらー!落ちたもん食べるなー!おなかいたいいたいになるよ」とユウナの手からお菓子を強奪し、泣かせていたかもしれない。

ダンナ、やっぱり食べたお菓子の紙くずをそのへんにポイ捨て。
もともと、汚いリビングならではのこと。そして、ガミガミ文句言っていた私。
「てめぇ!ゴミ箱までも歩けねーのか!だから、ブタみたくぶくぶく醜く太るんだよ!」ととんでもない暴言はいていたであろう私。
しかし、町内会で役員をやっている手前、清掃活動に参加したりなんだりもあり、
私はゴミ拾いに目覚めてしまった現在、「ゴミみっけ!」と自ら、家族の落としたゴミを拾い集め、ゴミ箱ポイポイ。一人で楽しむ。
多摩川の河川敷でいろんな石をみつけてランランしていた幼少時にしばし戻る。

そして、その結果、
「ある程度、きれいになると、誰も汚さなくなる。」→ブロークンウィンドの法則と、本に書いてあったのはこのことか!と気づいた。

○ブロークンウィンド論
「治安のいい街で、車を放置しても特に何も起こらないが、その車の窓を割って放置してみると、ハンドルやらなんやら盗難され、治安も乱れる」ということらしい。
(↑かなりはしょりすぎですんません・・・ヨッパの頭には単純明快しかないので)

確かに身につまされる。

毎年、バーベキューシーズンに心を痛めるニュースが、地元の多摩川ネタ。
モラルのない人々。川で鉄板洗うわ、捨てたい放題のゴミ山。
もし、最初に誰かがそんなことしなくて、とてもきれいな河川敷を保っていたなら・・・、みんなゴミ持ち帰るし、鉄板は家であらうよ・・・。と、思ったことを思い出しながらそれを読んだ。

なるほど。
だから小社会の我が家もそうだ。

ある程度きれいにしとけば、ダンナもユウナも家を汚そうという心理は働かない。

やっと、気づいた。

でも、なぜか散らかる&汚れる。
なぜ?!?!

原因は・・・

私かい!
自ら率先して汚す。あ~・・・・・。

結局、またまた早い時間から酒をあびて、
結局、きれいさを保てない人間ができることは、
とりあえず捨てる。

片付けられないなら捨てるしか道はない と自分にいい聞かせる。

しかし、明治生まれの(大好きな)祖母、大正うまれの父、昭和一桁うまれの母 をもつ私は、基本、
いわゆる
「ステラレネーゼ」である。

が、祖先をうらむのはお門違いであり、
自分なりに「欲をすてる修行」に一人旅立つしかない。

しかし、酒の力を借りなければすてることさえできない哀れな人間・・・。
って自分で言うな。

哀れといわれようと捨てたもん勝ちなのだー!!!といきりたち、

今日も昼から適度にあびて、でかい袋3袋分のゴミをこさえた。
それでも掃除しづらいほどモノがあふれてるって・・・。(汗)

それでも、今日は我が家はみな平和。

なんで?!?!

私が、たとえゴミ袋3袋分でも、どれが不要か必要かをヨッパの頭で考えた結果であり、また、あとから「あれがなくなった!座敷わらしだー!と騒がないよう、何を捨てたかヨッパの頭でしっかり記憶し・・・」
そんなことだけにでも頭つかったのだ。

結局、家族には興味なく、なんの衝突もない。
ってことなんだな。
多分、興味もたなくてすむほど、家族もなにも問題起こさないんだな。
それに一応感謝しとこう。

なるほどなっ

それから、

○トイレ掃除をこまめにしたりトイレのフタをしめることによって金運アップ。
というの記述もあった。

これもかなりうなずける。
トイレ掃除もマジメにやればそこそこ時間がかかる。
人生、マキがかかっている40歳近い私、1分だって一秒だって大事だ。
そんな「時間軸」の上手な使い方に頭つかっているうちに、スーパーに行くのを忘れる。
結果、買い物に行かない日々が続く。
しかし、いざ、ご飯時間になっても「ない知恵」をしぼって冷蔵庫を発掘すればそれなりに食べるものには困らない。
だから、お金が出ていかない。
から、たまったように思える。

すげー!!!

こんなカラクリに今まで気づかなかったなんて、私もアマちゃんよのぉ~。

みたいな、目からウロコなことが多いわけで。

そんなこんなで、「掃除すると、運がいい方向へ向く」のは、あたりまえだのクラッカー。

冷静に考えれば、全てが
「別に神がかったことでもなんでもない」
のはよく分かる。

なので、来年こそは、完璧をめざそう!

きっと、今より運が開けるに違いない。

いろんなことに追われて「資格マニアになる」夢をすっかり見失ってる現在。
ほんとは気になっているけど、優先順位をつけると、最後になってしまう・・・。
って、またまた言い訳だな~。

でも、
優先順位つけずに、
やりたいことをやりたいときにやりたいままできる
「今」こそ楽しんでおくれ、ユウナよ。
ある意味、羨ましいな~。

でも、時間は元に戻せないのは、皆、公平にできてる。うんうん。
[PR]
by gura_ss | 2009-12-20 19:21 | 内容はないよ~

漂白剤はあなどれない

もうすぐユウナの幼稚園が冬休み。
なかなか仕事(家事全般・実家全般残務処理)がはかどらないのでラストスパートかけているが。
自分の家もこともおろそかにするのも本末転倒であり。

何冊もよみあさった本(風水がらみの掃除本)にしたがって、昨日は我が家の二階のトイレを徹底的に掃除した。
手をあらう受け皿の穴にボロ布をつめて、お湯を溜め、衣料用漂白剤をキャップ一杯いれて、30分放置すると受け皿がきれいになる。と。

しかし、そのボロ布が外にはみ出てたことに気づかず、ふつーに便座掃除をしてたら、ふと左小指が激痛。
うーん・・・刺激的ぃ~。

って、知らず知らずのうちに手が荒れててて第一関節がひびわれ。
そんな傷口に思い切り、濃い~漂白剤をつけてしまったらしい。
みるみるうちに腫れた。

っつか、手がきれてること気づいてりゃ、布がたれてること気づいてりゃ、
用心したよ。手袋したよ。

慌てて、ドロドロに汚れたのバケツに手つっこんで洗う。
二階にいたため、即洗い流せる水は、ドロドロバケツ水しか近くになかった。
そんな昨日。

そして、今朝。
いつもはなかなか起きれないが、今朝は目覚めがいい。
というか、心臓がドキドキ。でスパッと起きた。
「あ、ついに心筋梗塞、きたか」と思い、「倒れる前にユウナの弁当作らなきゃ・・・」と、シャキーン と起きる。
そして、ヒーターの前で温まってると全然ふつうに動ける。
ヤレヤレ と左手を見ると、指と指の間がみょーにかゆい。
よくみたら、皮ががさがさになり赤くなってる。
フツーに考えれば、歳をとって脂分がなくなり、たんなる「乾燥による皮膚の炎症」
だと思うけど、左手だけじゃん。
右手はなんでもない。

やっぱり、昨日、傷口に漂白剤つけたせいだろうか?

とかとか思いながら日常生活の開始。

ダンナが起きてきたので早速報告しがてら「ってゆーかさ、PL法で、傷口に漂白剤つけないことって書いてないからさ。もし、書いてあればそーとーヤバイとか対処法とかわかりそうなのに」とぶちぶち言ってると、

ダ「メーカーはそんなバカを対象に販売してない。いちいち、「ケツに入れるな」、とか「味噌汁にいれて飲むな」とか書くのか?そんなバカ仕様にいちいち書いてたら書ききれんわ」

わ「私は傷につけただけで、ケツにいれたり、味噌汁にいれて飲んだりしてない!そんなバカと一緒にするな」
とキレると。

ダ「俺からすりゃ一緒だ。傷口につけるなんておそろしい」

わ「わざとじゃないし。でもさ、味噌汁にいれて飲むよりサイアクかもな~。クスリだって鼻から吸うより効き目はやいように血管に注射するらしいじゃん?それと一緒で味噌汁にいれて口から飲むより、直接血液に漂白剤つけて送りこむほうがダメなのかもしれない。
でもさ、風水的にいうと、掃除してきれいにされると自分の居場所がなく邪気が悪さするんだって。だから、きっと漂白剤事件は邪気のせいかもしれないな」と言い放つ。

ダ「(ぐらは)モノがなくなれば「うちには座敷わらしがいる」と騒ぎ、自分がドジふめば「邪気のしわざだ」と騒ぐ。ふつーの男なら、そんな頭のおかしい女から逃げ出すぜ。」と吐き捨てダンナ出勤。

我が家ってどうしてもっとまともなテーマの会話がないんだろうか?
きっと、原因は私だ。
いや、おたがいさまだ。

疲れたので早々に飲み、できあがってからのブログ更新。
[PR]
by gura_ss | 2009-12-15 17:34 | 内容はないよ~

またまたやってきた、年末。なんか早くない?

時間軸がだいぶズレている。

先月も11月になったことに気づかず、町内会用事をバックレたカタチになった。わざとでなくマジ忘れなんだけど。

そして、今月も12月になったことに気づいていなくて、昨日話した園ママが「年賀状作らなきゃ」とため息ついていたことでふと我にかえり、「ぎょー!もう12月かい!」と気づいて。
言いたいことないけど、とりあえず更新しとこっつーことで。

10月からはじめてる大掃除、まだまだ半分も終わってないのに、もう12月じゃん!
ワケあって、実家と我が家と二軒分だからなんだけど・・・。
でも、かなりの豪邸ならいざしらず、一般庶民の家で、両方の家を足しても・・・
んと、坪では計算できないけど、平方メートルで言えば200もない。全然ない。

やっぱり、ネジがかなりぶっとんでるんだよな。
要領悪いなりに地道にこなしてるとは思うんだけど、どこか雲の上をフワフワしてる感じ。地に足ついてないというか・・・足に血ついてないよな・・・つか。

最近、人とハナシしてても上の空らしく、数秒後には話した内容をすっかり忘れている。
数時間後には誰と会ったかを忘れている。
翌日には何もかも忘れていてるが、思い出そうと努力すれば思い出せることがある。
しかし、数日後には何も思い出せなくなる。

なので、
メモを頼りに生きているけど、過去のメモはポイポイ捨てるので過去をふりかえることができない。
未来(老い)にむかってすすむだけ。

しかし、メモだけ頼りにしていると、メモ帳が見当たらなくなっただけでたまらなく不安になる。
メモ帳を見つけ出すまでは、他のことが何も手につかない。

こんな、かなり老化まっしぐらな私。
じゃ、老化に逆らえないなら、せめて若作りしようと、若作り本を真剣によみあさるが、読み終わったころには全て頭からぬけてる。

これは・・・ヤバイ磁場かい!
ここから早く脱出せねば。

あ、でも、
最近、やっとEXILE(エグザイル)をEXCEL(エクセル)と読み間違いしなくなった。
これを考えれば、私は後退してるばかりでなく、進歩もしてる(できる)んだ!

と、まだ余力がある今。
年末はどーなってるんだろか?
なぜ、日本人は大晦日や元旦の過ごし方にこだわるんだろか?
[PR]
by gura_ss | 2009-12-07 00:58 | 内容はないよ~

2004年生まれの娘のママです。お酒が大好き・年中無休のヨッパです。ヨッパでしかブログ書いてませんがそれでもいいんじゃない?


by gura_ss

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ファン

カテゴリ

全体
内容はないよ~
掃除
育児
もの申す
資格(死格?)
読書記録
あー勘違い
珍しくシラフです
メダカ
認知症
着物
今、とても気になる
未分類

以前の記事

2014年 11月
2014年 09月
2013年 09月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

初めての育児(*^^)
Big Tree
cinema and book
tomocchi#
蛸壺ブログ
祐天堂日記~マッサージ・...
アンチエイジングブログ!
幼稚園へ行こう(*^^)

自己紹介

ぐら
 1970年代生まれ
 神奈川県在住
 専業主婦
 ユウナ(2004.7生まれ)のママ

 
外部リンク

 グランジャポン
スペインの紅茶のお店
(店主・友達のはちこちゃん) 

 (続)超個人的日誌
(受験仲間・老師さま)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

40代

画像一覧